三國志IX with パワーアップキット

発売元: コーエーテクモゲームスオフィシャルサイト 発売日: 2011-03-10 価格: 6090(税込) レーティング: 【A】全年齢対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 81 Amazon点数: 4.4

スコアーボード

三國志IX with パワーアップキットレビューチャート 標準偏差 23.59 (難易度) 1.80 mk2レビュー数 5
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
40%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
60%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
22人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 4pt 4pt 5pt 4pt 2pt
総合点
88pt

GOOD!

シリーズ初の1枚マップによるゲーム性。
今作はターン制ではあるものの、従来の作品とは違い、内政も戦闘も同時進行で行います。
コマンドを決めるターンの戦略フェイズで、所領の内政を行いつつ、他方で進軍している軍隊の確認・指示を行い、進行フェイズでコマンドの実行とその結果が出ます。

1枚マップの中華大陸は、山・川・海などの自然の地形もしっかり表現されています。
戦闘では、それらの地の利を活かした戦術が求められます。

特定の条件を満たすことで鑑賞できるムービーの演出・内容がとても良いです。
今は亡き声優の郷里大輔がナレーションを務めており、彼の声で語られるナレーションはとても趣深いです。

今作に登場する一部の武将の顔グラフィックはカッコよくなりました。
7・8とは違い、武将達の衣装や鎧がより鮮やかな色彩になったり、表情が凛としていて威厳が出ているなどの変化が見られます。

ムービー・BGM・アイテムコレクションを鑑賞できる「ギャラリー」があるところ。
メニュー画面から上述の要素をいつでも鑑賞できますし、
アイテムコレクションでは、獲得できた全体のアイテム数に応じて「アイテム収集率」のパーセント表示が上がっていくので、何気にコンプ欲が湧いてきます。

PSPに移植された三國志シリーズの中で、唯一のパワーアップキット(以下:PK)であるところ。
PKということで、追加シナリオやエディタ機能といったPK独自の要素も収録されています。
今作のエディタ機能には、武将・勢力・都市・施設の4つの要素を自由に編集でき、所持することでさまざまな効果を発揮できる新規アイテムの作成も可能。
PS2版では他タイトルとの連動で入手できた特定の武将も、今作では無条件で最初から登場しています。

BAD/REQUEST

全体的にゲームデザインやシステムが、かなり人を選ぶところ。
7・8のような従来のものに比べて、ゲームデザインやシステムが大きく変化しているので、プレイし始めはかなり難しく感じます。
今作のシステムや操作に慣れれてしまえば、従来のものよりも面白く感じるので、そこにたどり着くまでがかなり人を選ぶ要因になっています。

各シナリオのオープニングムービーは、残念ながら「ギャラリー」では鑑賞できないところ。
「ギャラリー」で鑑賞できるムービーは、特定の条件を満たしてことで発生するイベントのムービーがほとんど。
各シナリオのオープニングムービーをもう一度観たい場合は、そのムービーがあるシナリオを開始しないといけません。

画面に表示される武将の顔グラフィックが小さいところ。
元々のグラフィックサイズがあまり大きくないせいか、携帯ゲーム機である今作ではかなり小さくなっています。
一部の武将達は、顔が分かりづらくなっているものもあるので、「特定のボタンを押すことで顔を拡大表示できる」といった措置が欲しかった。

エンディングのスタッフロールのムービーをスキップできないところ。
そのせいで、周回プレイ時は面倒に感じます。

COMMENT

PCHJ-10034使用。
三國志シリーズはPSP版7、8withPK、11withPK、12、12withPKをプレイ済みです。
今作はダウンロード版をPSvitaでプレイしました。

一通りプレイし終えての感想ですが、とても素晴らしい作品でした。
あらためてプレイしてみると人を選ぶ要素は強いものの、操作に慣れてしまうと従来の作品よりもとても面白く感じられます。

携帯ゲーム機ということで、いつでもどこでも気軽にプレイできるので、私は外出先でのちょっとした空き時間に今作をよくプレイしています。
私はPSVitaでダウンロード版をプレイしましたが、処理落ちなどの動作不良については特にありませんでした。

今作のUMD版(パッケージ版)は中古でもそこそこ値が張るので、現在は廉価版価格で配信されているダウンロード版を購入するのがオススメです。
GOODの欄にも書きましたが、今までPSPで移植された三國志シリーズの中でPK版であるのは今作だけ。
「どうしてもPKのある三國志作品を携帯ゲーム機でプレイしたい!」となれば、PSPのお持ちの方は今作がベストです。
PSVitaのお持ちの方は12withPKと13wihPKも選択肢としてありますが、それらの作品よりも安く買える今作のダウンロード版もありますので、まずは今作をプレイするのも有りだと思います。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(済)
夏色アサシンさんWebサイト[2018-08-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

193人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 5pt 4pt 4pt 2pt
総合点
81pt

GOOD!

※以下のレビューは、特に“作品の移植度”に焦点を当てて書いています。
そのため、ゲームのシステムなどにはほとんど触れていませんが、どうぞご了承ください。

・オリジナリティ…3点
 良くも悪くもPS2版の移植ですので、特に目新しくなった部分はありません。
しいて言えば、オリジナルカスタムテーマの追加と一部の特典武将(大喬・小喬・呂玲綺など)が初めから武将として存在する点でしょうか。
それ以外は本当に忠実な移植ですので、オリジナリティとしての評価は普通とさせて頂きます。

・グラフィックス…4点
 PSPへの移植にも関わらず、グラフィック面での劣化はまったく見られません。
内政や戦争を行う一枚マップにおいても、時折流れるムービー(紙芝居に近いものです)でも、PS2版と遜色ないレベルのグラフィックに仕上がっています。
しかし、PS2版での欠点の一つだった顔グラの小ささについてはあまり変わっていません…。
元々顔グラ自体の評価は芳しくない作品ですが、せっかく鮮明なグラフィックになっているのに、ちょっと勿体なく感じました。

・サウンド…3点
 音楽やSEに関しても、かなりPS2版に近く移植されていると思いました。
郷里大輔氏によるナレーションも削られることなく収録されています。
ただ携帯機のためか、オーケストラ使用の壮大さが落ちているようにも感じました。

・熱中度…5点
 以上のように、かなり丁寧な移植をされているので、PS2版と同じくらい中毒性の高いゲームになっています。また、PSPのスリープモードとの相性も良く、一部(後述します)以外は快適にゲームを進めることができるため、一旦始めてしまうとなかなかやめ時が見つかりません。
画面が小さくなってしまったことや、操作が煩雑になってしまったことを考慮しても、携帯も可能なPSPという機種に移植したことは正解だったと思います。

・満足感…4点
 憂慮していた劣化(グラフィックや処理落ちなど)がほとんど見られなかったので、かなり満足しています。また、以前(PSPで発売された「三國志5?8」)までとは異なり、パワーアップキット搭載版で発売されたことも嬉しい驚きでした。
しかし、これまで何度となく出されてきた作品の移植である以上、やはりフルプライスでの発売は避けるべきだったと思います。売上を考えれば仕方のない選択なのかもしれませんが…。

・快適さ…4点
 PS2からPSPへの移植であるのに、処理落ちやグラフィックの劣化がほぼ見られなかったため、ほとんどPS2版と同等に快適なプレイが楽しめます。
メモリースティックへのインストールを行えば、ロード時間もPS2版と変わらないレベルになり、非常に快適です。バグも特になく、挙動などにも違和感を感じることなく遊ぶことができます。
このように、基本的には快適なゲームですが、一部にせっかくの快適さを乱す部分があります。これについてはBADに記載しておきますので、ぜひご覧ください。

BAD/REQUEST

・「人材」の「探索」を行うと、その報告の際に非常に処理が重くなってしまう。
 他のみなさんも書いていらっしゃいますが、それ以外の部分が快適に作られているため、この部分での処理の遅さが目立ってしまっています。
プレイしていく上で頻繁に使用するコマンドのため、もう少し改善して欲しかった部分です。

・一部の特典武将が他の武将同様にシナリオに登場する。
 PS2版では新武将枠に追加されていた一部の特典武将が、PSP版では普通の武将と同じようにシナリオに登場します。特に悪い要素とも言えないのですが、登場するか否かが選択できなくなっているため、人によっては嫌な変更点かもしれません。
また、これによって一部のイベント条件が変更されているので、注意が必要です。(イベント「二喬」の条件に、“大喬・小喬が孫策軍にいないこと”が追加されたことなど)

COMMENT

PSP?1000を使用、PS2版プレイ済み、PC版未プレイ

PSPでの「三國志」シリーズの移植としてはこれで五回目になりますが、ようやくにしてパワーアップキット搭載版が移植されました。
シリーズ初の一枚マップを採用し、フェイズが分かれているとはいえ、全勢力の軍勢が一斉に動き出す作品であるため、処理落ちなどの点から9のPSPへの移植は半ば諦めていました。
しかし、前作8の移植から数えて4年越しの2011年に無事発売され、一部以外は特に目立った劣化もなく、かなり丁寧な形で移植され、驚いたのと同時にすごく嬉しかったです。(嬉しい半面、今までの移植が手抜きだったようにも思えてきましたが…)

上述したように、移植に関しては比較的満足できる出来栄えですが、元々の「三國志9」というゲーム自体がかなり人を選ぶ作品なので、購入される際には公式サイトやPS2版のレビューなども合わせてご覧になると、もっと詳しくお分かり頂けるかと思います。
長文になってしまいましたが、ご購入の際の参考にでもして頂けると幸いです。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(済)
カレーピラフさん[2012-09-09 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 経理 レビュー日: 2011-03-17
三国志シリーズの中でも評価の高い9withPKがPSPで登場

シリーズにおける9の特徴・特色
・君主プレイ型
・1枚MAP上で政治・戦闘が同時進行
・戦闘はセミリアルタイム制(6と同じ)
・陣形、兵器、兵法あり
・異民族が勢力として登場
・優秀な人材をオリジナル武将として登録。武将抜擢システム
・PKの特色であるエディタ機能も有
・武将を強化。武将育成システム(PS2版以降)

今までも、シリーズの過去作がPSPでラインナップされているが
PK付きで発売されたのは本作が初めて。
賛否のある武将抜擢システムはON/OFFが選べる等、
PS2版での改善点はPSP版にも盛り込まれている

武将の顔が縮小され表情が見えづらくなっている等、
画面が小さい事がネックになっている所はある。
ただPSPで本作が遊べる事を考慮すると、妥協の範囲内かな
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

タクティクスオウガ 運命の輪
■ ジャンル:シミュレーションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,980円
■価格:5980
■発売日:2010-11-11

グランツーリスモ
■ ジャンル:リアルドライビングシミュレーター ■ ダウンロード版:4,400円
■価格:5480
■発売日:2009-10-01

Ys SEVEN(イース7)
■ ジャンル:アクションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2009-09-17

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

英雄伝説 碧の軌跡
■ ジャンル:ストーリーRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 完全予約限定版:9,240円 ■ ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2011-09-29

FINAL FANTASY 零式
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:6,480円
■価格:7700
■発売日:2011-10-27

レビュー投稿フォーム

三國志IX with パワーアップキット
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「三國志IX with パワーアップキット」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る