遊戯王5D’s タッグフォース6

発売元: コナミデジタルエンタテインメントオフィシャルサイト 発売日: 2011-09-22 価格: 5250(税込) レーティング: 【A】全年齢対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 70 Amazon点数: 4.3

スコアーボード

遊戯王5D’s タッグフォース6レビューチャート 標準偏差 5.26 (難易度) 2.29 mk2レビュー数 7
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
42.9%
60-69
42.9%
70-79
14.3%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
221人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 3pt 5pt 4pt 0pt 2pt
総合点
70pt

GOOD!

■カードの収録数
文句の付けどころがない収録枚数です。
私はOCGはやりませんが、手軽に様々なデッキが試せるというのはゲームならではの特権ですね。
■グラフィック
カードゲームがメインのゲームにしては全体的に結構良いと思います。
CGはモブも含めてよく出来ていると思いますし
モンスター召喚時・攻撃時の特殊演出もどれもクオリティ高いですしね。
■熱中度
膨大な量のカード収録数でデッキの構成の考察に未だに飽きが来ません。
ファンデッキもたくさん作れますし、タッグでCPUの役割分担などを考え出すと止まらなくなります。
パックにかかる費用DPもカード枚数増加に伴って以前より安くなっているので、慣れてくると組みたいデッキのカードがスグに集まるようになると思います。
■ストーリーテンポ
ハートは溜まりやすくストーリーはサクサク進む印象です。
パートナーにデッキを合わせる際も専用のパックが出現してくれるので、デッキを組みやすいです。
■初心者への優しさ
チュートリアルが充実しているので、ルールを全く知らない人間でも入りやすいと思います。
始めは各カードの膨大なテキスト量に翻弄されると思いますが
カードを発動するタイミングも細かに使うかどうかを問うてくれるので、使うべきタイミングを逃す事もないと思います。
(ON/OFF設定が出来るので慣れてくるとウザったいという事もないはず)
■キャラクター
●モブキャラ達
数も非常に多く各々個性が付いており、モブキャラにしては異色なくらいにキャラが立っている者が多い気がします。
モブ達がモブで無くなっているのでタッグを組んでも愛着が沸きやすいです。
タッグがメインのゲームだからこれは大きいです。
固有グラフィックが出来ていた事にも少々驚きました。
■操作面
●ショートカットの充実
ショートカットの仕様が行き届いているので操作で煩わしく感じる事はあまりありませんでした。
●検索機能の充実度
デッキの編集がとても快適です。
細かな条件を指定をして編集できますし

BAD/REQUEST

■カリスマデュエリスト
過去作品でも出てきた気がしますが、Vジャン編集者達だか何だか知りませんが要りません。
全く馴染みが無いですし…
普通ゲスト出演させるなら例えば過去作であるGXのキャラ達にしませんかね。
キャラ画像も気持ち悪いですし、こういう悪ノリは不快です。
無視しようが大会にまで出しゃばる始末
■快適さ
●一部の特殊ルールデュエルの存在
とある大会になると色々とルールが特殊になります。
使用されるルールもランダムですが、一部のルールに問題ある気がします。
メイン要素でもあるが故に残念です。
・時間制限デュエル
1ターンにかける時間に制約が追加されます。
30秒の制約をされてしまうと1ターンに様々な展開をするデッキだとどうしても本領を発揮する事が出来なくなります。
思考時間以前にデッキ内容によってクリア不可となるこの仕様には納得できません。
そして何よりCPUにその制約がないのは不公平です。
(CPUの時間切れで勝手に負けられるのもおかしいとは思いますが)
・ライフ2000デュエル
運悪くフルバーンを使用するキャラに当たれば先行ワンターンキルされてしまいます。
相手の魔法の筒で即死、全体除去で場をがら空きにされて後攻ワンキルなんて事もよくあります。
●ロード
前作がどうだったかは存じませんが、少し多い気がします。
フィールドが細かく区分されているので、よく出入りをする事になるのですが
その度に2,3秒のロードが入るのでテンポが悪いです。
●カードパックのプレゼント
攻略完了したキャラは、以後同じフィールドに入ると毎日パックやアイテムをくれるイベントが自動で発生するので
序盤は大変ありがたいのですが、ある程度カードが揃ってくると鬱陶しいです。
ON/OFF付けれると良かったです。
●CPUのプレイング
カードの種類も増えたとは言え、6作目にしてはお粗末な気がします。
目立ったところだけ
・エクシーズ・シンクロ・融合召喚
出来る状況なら必ずするせいか、そのままダイレクトアタックをすれば良い状況でも使用します。
また、アド損にしかならないような召喚も平気で行います。
例:○○と名の付くモンスターの融合に、○○と名の付く融合モンスター使用で同じモンスターを出す。
・相手の魔法・罠ゾーンのバウンスに発動可能な伏せカードなら必ずチェーン
伏せカードの無駄使用多数。挙句の果て発動したのがサイクロンで自分のフィールド上のカードを破壊するなんてのも
・フィールドに召喚されると攻撃力が変動するモンスターを理解できていない
サイバー・ダークやワイトキングのような攻撃力が変動するモンスターはそのせいで基本的に守備表示で召喚します。
・全体的に使用可能な条件が整えばどのカードも必ず使う印象を受けました。
発動タイミングが限定されるカードしか入れられなくなってきますね。
ただでさえソロでのデュエルは冷遇されているので、タッグの相方のAIにもう少し気を配って欲しいです。
■バグ
デバックの段階ですぐ見つかりそうなバグが多いです。
特にフリーデュエルで再戦する際にデッキを切り替えても、チャレンジの達成基準に反映されないバグにはやる気を削がれました。

COMMENT

メディアインストール使用。TF3以来のプレイです。
6作品目という事もあって色々と進化していて驚きました。
5D’sは殆ど知らないのですが、キャラクター数もメインモブ含めて結構な数がいて攻略&対戦相手には基本的に飽きません。

遊戯王には興味あるけれど本気でカード集めから始めると出費が…という方にはもちろんおすすめです。
大分前にやめてしまった方もカードの種類がかなり増えていて、昔に比べて様々なプレイングが出来て確実に面白くなっているのでおススメします。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
reilerorさんWebサイト[2011-10-31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

212人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 5pt 0pt 3pt
総合点
68pt

GOOD!

・カード収録枚数
5000枚以上収録されていて、発売当日までのほとんどのカードが使用可能。
さらにファンには嬉しいOCG化されていないゲームオリジナルカードも収録されている。
同じカードであってもアニメ版とOCG版が両方収録されているので、
アニメの再現をしたい人もOCGのデッキを作りたい人も充分な内容。

・デュエルシミュレータとしての完成度の高さ
収録カードから見れば驚くほどのバグの少なさ。(BADに書いたもの以外)
いくつかあるバグも致命的なものではなく、気にならないことがほとんど。
自分で作ったデッキなどのテストも気兼ねなく出来る。
カード発動タイミングでちゃんと聞いてくれるのでルールが不安でも安心してプレイできる。

・アドベンチャーゲームとして
モブキャラはアニメキャラ以上の数と質が揃っていて、
モブキャラだけ攻略していても楽しめる。
立ち絵も前作から強化されていて半分以上が専用の立ち絵とモデルを用意されている。
一人一人はそれなりの腕があれば2,3時間でクリアできるのでサクサク進められる。

・キャラゲー要素
アニメ通りのストーリーをなぞるキャラもいればオリジナル展開のキャラもいて、
両方とも原作の雰囲気を壊さずに進めていける。
また所々にちりばめられたネタはファンなら思わずニヤリとしてしまうものも多い。
ただレギュラーキャラはストーリーが駆け足気味でわかりにくい。

・その他、小さな改善点
デッキレシピ画面でのショートカットキー対応、サレンダーが1ターン目から可能、デュエル結果画面でチャレンジを変更可能、スリープでもデータインストールが解除されないなど
今までかゆいところに手が届かなかった部分が改善されている。

BAD/REQUEST

・ロード、処理時間
すでにタッグフォースでは言わずもがなのもの。
膨大な収録枚数の反動かロードとAIの思考時間が極端に長い。
データインストールには対応しているが焼け石に水状態。
思考時間もフィールドのカードが増えると倍々で長くなるので、
カードが増えやすいロックデッキなどは次の自分のターンまで10分かかる場合もある。

・AIが前作より貧弱
上記の処理時間の軽減のためか、前にできていたことができなくなっている。
目立つのは相手のカードに反応して自分の有用なカードを破壊といった行為。
ただ処理自体は少し早くなっているし、最悪と名高いタッグフォース3よりは充分賢い。

・デッキ切り替えのバグ
今回追加された仕様だが、切り替え時に内容がおかしくなることがある。
データを消すようなことにはならないが、最悪まともなデュエルができなくなる場合もある。
これが正常に動いていればもっと快適さはあがったはずなので非常に惜しい部分。

・チャレンジの多さ
1回のデュエルで1つの項目しかこなせないのに173個もある。
結果画面で変更できるようになったとはいえ多すぎる。
やる必要が無いものではあるが、毎回のDP(お金のようなもの)にボーナスがつくので
長く遊ぶ人ほど多くクリアしておくのが得というものになっている。

・ストーリーのタッグデュエルがパートナーが先でしかできない
その程度と思うかもしれないが、
最近の遊戯王はパワーカードが増えデュエルが高速化してきたせいで、
数ターンで決着がつくことが多い。
そのため上記のAIの貧弱さも合わせて自分にターンが回る前に負けることが間々ある。
そこまでいかなくても逆転がほぼ不可能といった状態によくなる。
公平なプレイを目指すべきカードゲームで一切関われず勝負が決まるのは理不尽すぎる。

COMMENT

PSP-2000使用。タッグフォースは2から全て購入。アニメは毎週視聴。
120時間プレイしてまだ続けています。

今回は5D\'sの総集編ということでほとんどの部分で正当進化をしている。
デュエルシミュレータとしてもキャラゲーとしてもギャルゲーとしてもより楽しめる出来になっている。
自分はデュエルもアニメもギャルゲーも好きなので正にターゲットに当てはまった感じ。
BADの不満点はあるものの、個人的には今までで一番満足している。

シナリオと呼べるものがほとんどないのでRPG的なものを求めている人には微妙だが、
「最初からOCGはちょっと・・・」とか「アニメだけは見てた」といった人には充分薦められる出来だと思う。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ペッカーさん[2011-10-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: blackrx レビュー日: 2013-05-20
6月下旬に2000円でダウンロード版の発売が決定しました
転売屋のクズ共から買わないように注意してください

今となってはカードプールも古めですが
遊戯王のゲームとしては間違いなく最高傑作なので
これを機にプレイする人が増え続編が出ることを祈ります
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

英雄伝説 碧の軌跡
■ ジャンル:ストーリーRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 完全予約限定版:9,240円 ■ ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2011-09-29

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

FINAL FANTASY 零式
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:6,480円
■価格:7700
■発売日:2011-10-27

ガンダムバトルユニバース
■ ジャンル:3Dアクション ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-17

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(メタルギア ソリッド ピースウォーカー)
■ ジャンル:タクティカル・エスピオナージ・オペーレーション ■ プレイ人数:1?6人(アドホックモード:2?6人) ■ ダウンロード版:4,700円
■価格:5229
■発売日:2010-04-29

レビュー投稿フォーム

遊戯王5D’s タッグフォース6
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「遊戯王5D’s タッグフォース6」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る