英雄伝説 碧の軌跡

発売元: 日本ファルコムオフィシャルサイト 発売日: 2011-09-29 価格: 6090(税込) レーティング: 【B】12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 76 Amazon点数: 3.6

スコアーボード

英雄伝説 碧の軌跡レビューチャート 標準偏差 14.89 (難易度) 2.24 mk2レビュー数 55
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
1.8%
30-39
7.3%
40-49
9.1%
50-59
18.2%
60-69
25.5%
70-79
23.6%
80-89
14.5%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
470人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
52pt

GOOD!

購入したのは発売日ですが今更プレイ。
その背景には発売直後数日でネットで早々に次回に続く展開だとネタバレをやられた為テンションが落ちてたので。
しかし続きが気になるのでプレイしてみました。プレイして良かったと思える内容だったのでレビューします。


■ストーリー
正直前作零の軌跡には不満もあった。キャラ一新・舞台を一新したのに「空」の主人公コンビ含め空の軌跡から数名が物語に絡みおいしいとこを持っていくから。
主人公コンビはラストダンジョンで強制パーティーインで「どこまで捻じ込むかな?」と思ってた。
しかし何と今作ではその「捻じ込み」にちゃんと意味があった事が明かされている。この辺の話の伏線の張り方に驚いたしもう一度注意深く零の軌跡をプレイしたくなった程です。
そんな風に零の軌跡での伏線が幾つか上手く回収されてます。
主人公の兄、ガイの死の真相やワジ達の正体、キーアに関する謎も色々明かされてる。
※特にワジに関しては物語の序盤から強制パーティー、終盤に一旦パーティーが解散しても一番に復帰。その正体の背景から完璧にストーリーの中心人物。
その為前作4人ががっちりパーティーメンバーとして絡んでいる所にいても不自然さがない。
絆を深めれば彼の過去も明かされ「キーア」がパーティーメンバーにいないキーキャラに対してパーティーメンバーとして主人公を導くキャラとなってる。
更にラストダンジョンには専用のボス、専用のマップがあり彼がいないとまさにストーリーが進まない場面もあり影が濃い。

主人公メンバーとサブキャラの絡み。グラすらないモブだけど幼馴染のウェンディやフランツ、オスカーなど主人公を取り巻くキャラ達やセシル、イリアなどサブキャラとの会話に力が入ってるのも良い。
サブクエストもともすれば単なるお使いとなりがちだけど、前述のガイの死に関する真相などを暴く上で欠かせないイベントもありストーリーを楽しむ上で重要なイベントもあり飽きないようになっている。

■音楽
長いストーリー、舞台の基本がクロスベル市とその周辺だけなのでその上音楽も同じなら飽きるけどストーリーの進展に合わせて上手く音楽を変えたりしている。

BAD/REQUEST

他の方が色々レビューされているのでちょっと違った面から気になる部分を
■揺れてる?
今回車での移動が出来る様になってます。イベントなどで車など、乗り物に乗って移動している途中会話イベントがあると外の揺れている画面に合わせてキャラクターの台詞の吹き出しも揺れてます。
勘違いかな?と思い最初からプレイしなおし車を受け取って街に帰るイベントをじっくり見ましたが全部ではないですがやはり揺れる窓の外に合わせて小刻みに吹き出しが揺れてます。微妙に気になる

■メンバー編成
ラストダンジョンでは今作は前作キャラより2名プラスされて総勢8人。その内6人を連れて歩けます。
しかし零からの支援課4人は絶対にパーティー入り。この時点で残り2名。物語に深く関わってるワジ、終盤に仲間になるリーシャはラストダンジョンに個別に専用のマップと専用のボスがいます。
つまりラストダンジョン攻略に必須な為連れて行かなければならない。そうなると何度もメンバー編成を行いたくない→残ってるダドリーとノエルがお留守番になりがち。
ラストダンジョン攻略に「必須」キャラが実質主人公のロイドと中ボスと因縁があるランディを入れて4人。こんな風に攻略に必須キャラが半分もいるなら支援課4人固定縛りはどうかと。
ラストダンジョンに専用のボスなどいないのはエリィとティオも同じなのにメンバーから外せないのでは好きなキャラクターでパーティー編成する面白みがない

■影が薄いヒロイン?達
絆イベントがある為実質ロイドには定まった特定のヒロインはいません。というかセシル姉に何よりキーアがいるから…。

前述のようにキーアがキーキャラクターな為彼女と深く繋がってるロイド、過去関連から新キャラとの関わりが深いランディ。
ワジはGOODで述べたように物語に深く関わってくる。リーシャはパーティー入りする時期こそ遅い物のメインイベントでは正体判明前から何かと細かなイベントがあり
ラストダンジョンでも攻略必須キャラな為やはり終盤でもそれなりに目立ってる。

しかし問題は残りの3人。前作キャラとしてはエリィが早々に仲間になり、ディーターやマリアベルといったキャラとも関わりがあるけれど彼女固定の強敵がいる訳でもないのでどこか影が薄い。
ティオは今作もヨナ、ロバート主任というキャラと絡むけど彼らはあくまでサブキャラ。ガイの死の真相など彼女にも関わりがある筈なのにイベントに殆ど絡んでこないのでやっぱり影が薄い。
ノエルは最序盤から仲間になり、終盤では何とロイドとの一騎打ちイベントが用意されてる。でも新・支援課メンバーとして一番に仲間になったのにバラバラになった後では後回し。
メンバー入りしてすぐにエリィも復帰する為上記「前作からの支援課4人パーティーメンバー縛り」が発生。専用のボスなどもいなく復帰してもお留守番要員になりやすい…。

なんというか恋愛ゲームでいうヒロイン攻略要素を入れてしまった事により恋愛絡みのイベントが多く疲れる。インターミッションで水着姿誰が良かった?とかそんなの要らない。
結果モテモテロイドを中心に据え彼との絡みは多いけれどサブ同士の繋がりが薄く感じる。

ヒロインではないがダドリーに関しては元々そんな風に選んだりするイベントがない上ほぼサブキャラに近いパーティーメンバー。
終盤仲間になる理由はともかくラストダンジョンでは正直いなくても関係ない。最後の最後で仲間になるので思い入れも薄くラストダンジョンでは完全にお留守番要員と化してる。

■死なない中ボスと終わらない物語
若干ネタバレですが、空の軌跡ではレーヴェ、ワイスマンといった<結社>関連キャラで重要な位置にいる2人が決着を付け倒されたのに対し、今作では中ボス含めボスが一人も死なない。
その上あろう事か新たに<結社>入りする者まで出てくる。カンパネルラ達数名結社に関わるキャラクターが出てくるものの彼らもまた決着なんてつかず。
クロスベルでのお話は一応完結…した…と思うけど空の軌跡から続く<結社>関連の話は一向に進まない。「舞台は帝国に移った」らしいけど。
空の軌跡シリーズが2004年、PSPでも2006年発売から既に8年目に突入。本当に「続編商法」はいい加減何とかして欲しい。
しかも今回ラスボス?EDの流れが非常にすっきりしない。ED描写が不十分と言った方がいいかも知れない。「とりあえず完結したけどその後のお話で外伝とか出せるよ」的な流れ。

セーブがどこでも出来るからいい様な物の、すさまじくダルいラストダンジョンにそこに詰め込まれた中ボスが4人にラスボスは実質3回戦。
宝箱無視、パーティー編成もそのままでもう早くとにかく終わらせたい一心で突き進んだEDがこれかと投げたくなった。

COMMENT

総評すると良いストーリーもあるけど出し惜しみ(続編に持ち越し)しすぎてすっきりしないストーリーも多い。
またキャラが多いのでラストダンジョン突入前に個別に語り合える展開は良いけれどはっきりいってギャルゲー展開しすぎ。エリィがシャーリィーに乳揉みされる展開が序盤に起こったりして普通に引く。
キーアの謎、ワジの秘密など色々明かされて成るほどと思うが、考えてみればそれは零の軌跡からの謎であって実質「空の軌跡」からの謎は持ち越しとガッカリ。

「零の軌跡」プレイは必須です。ここだけ赤文字で強調したい位。
だってプレイしてないと数分で「お前誰だよ、何で警察に追われてるんだよ」と成りかねない。確かに前作の簡単なあらすじやキャラクター紹介はあるけどその追われてるキャラ、紹介されてないですから。
零の軌跡からは完全続編なのでまだ我慢出来るけど、空の軌跡からもキャラクターを引っ張りすぎ。
世界観も時代も同じな為王族2人はまだ再登場に問題はない。けれどケビンやリース、レクター、キリカと物語に絡んでくる面々を完全に理解したければ空の軌跡プレイしなくてはならない。
明らかにメーカーの買ってね、プレイしてね商法がちらつく。

正直好きで楽しんでるシリーズだからこそディスク2枚組で良いから詰め込んで帝国編やって終わらせて欲しいと思います。
漫画や小説と違って気になった部分だけ読み返す事が出来ないからストーリーが訳わからなくなりますし…。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
みりんさん[2012-05-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

472人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 3pt 3pt 2pt 3pt 1pt
総合点
52pt

GOOD!

まず第一に主要キャラ以外の街に住んでいる人々がちゃんと活きた会話をしてること。
ちゃんとゲームストーリーに対して生活し、成長していくことが一番凄い
簡単なことだが、何かストーリーが進展すると街の中のほとんどの人の会話が変わりほとんどの街の人がちゃんと生活をしてること。
ストーリーが進めば序盤に何かをしようとしてた人が目的に向かって何かをはじめていたり
現在起こっている事柄に対してなんらかの台詞が用意されてる。
こういったことがちゃんと最後までできるRPGのゲームは中々見当たらないと思う。

次に練りに練られたストーリー
前作からの複数ある伏線などをきっちりと回収し、出来る限りの謎が残らないよう作りこまれたストーリー
そうなのか!なるほど!と思わされることもあったりと引き込まれる部分が多い
何気ない話からじわりじわりと進展していき、あるところで「なんだってー!」的な展開にもっていき一気に場を盛り上げ、完結させていくのは素晴らしいと思う

BAD/REQUEST

細かいバグの多さ

間延びしすぎとしか思えない終章

もうこの二つに尽きる
特に終章はひどすぎた。断章まではあれほど盛り上がり謎に迫りテンポよく進んでいたのに
終章に入った途端間延び、間延び、とにかく間延び
FF3のクリスタルタワーを思わせる無駄に長いだけのダンジョン
セーブこそできるからまだいいが
ダンジョン探索→中ボス→新ダンジョンへ→ボス撃破→再び最初のダンジョン探索続行→中ボス→新ダンジョンへ
これを延々と何度も繰り返されるのにはさすがに開いた口がふさがらないとでもいうべきか。
ボスはまだか。はやく進めさせろよ。めんどくさー。とあれだけ盛り上がった気分が台無しになりました。

ラストはゼロフィールドと同じ効果の技が何重も重ねられた雑魚を召喚するラスボスはただうざいだけの象徴にしか見えなかった。

謎の多かった伏線も回収することは確かにできたが回収方法が思い出としてちょろっと語っただけとか投げやりな解説方法には残念でなりません

BGMも前作ではあまり印象に残らなかったのですが、今作もあまり印象に残るような曲はありませんでした。
空の軌跡3rdではあんだけいい曲が目白押しだったのに3rdが凄すぎてそれ以降が物足りなく感じてるだけなのか。

COMMENT

PSP3000使用
空の軌跡シリーズ全てに零の軌跡もプレイ済み

とにかくこのゲームは前作ありきの作品
前作零の軌跡が未プレイでこれをやるのはあまりにもったいない。
前作未プレイでも前作のあらすじや主要キャラの解説などもあるにはあるが
あくまで補足的なことにしかすぎず、これで理解させるのは不可能だろwwwと思えました。

よくを言うなら空の軌跡シリーズからプレイしてほしいです。
序盤?中盤に空の軌跡のキャラクターが出てきたりするのはプレイ済みの方々にとってはあまりに嬉しいサプライズでしょうw
プレイしてるこちらも思わずニヤニヤしてしまいますw
ただ空の軌跡シリーズからはじめるとするなら今作に追いつくだけでもプレイ時間200時間近くは要すると思いますが、それだけ面白い作品だと思います

時間の許せる方には空の軌跡からプレイしてみてはいかがでしょうか?

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
会計係さん[2011-10-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: りん レビュー日: 2014-02-20
空も零も好きで買ったのですが、終章前までは本当に面白かったです。
空の面々がちょい出てきたり、結社絡みの話も出てきたり、極めつけは終章前の急展開。
続きが気になって眠い目をこすりながらやりました。

でもその先にあったエンディングに期待しすぎたのか、待っていたのは酷い脱力感。
これクロスベルを守る立場の若い警察官達のお話ですよね?
警察官ってこの世界でも悪い人を逮捕するのがお仕事ですよね?
黒幕を逮捕しない終わり方って有りなんですかね。全く納得行きません。

前作遊撃士は国家に縛られず、ある程度冒険者のような私的な行動もすることも許されていたので、
主人公たちの行動も理解できていたのですが、今回は前作のように遊撃士を主人公とは敢えてせずに、
クロスベルを守る警官という違う立場での物語を考えた、そこは新鮮で評価すべきだと思います。
零ではぼちぼち職務をこなしていましたし。

でも碧ではキーアの存在で特務支援課が皆私情に走ってしまう。キーアの能力を考慮しても納得いかない点が多いです。
零では「このクロスベルを守りたい」とか言ってた人達が葛藤も無しに国よりもキーアが大事といった行為に
出たのはガクッとしました。何よりもキーアと特務支援課との絆(笑)を1番の見せ場に置いた製作者とそう言うのを
1番期待していた訳じゃなかったプレイヤーとのズレが気になります。

閃はまだやっていませんが、まだまだ軌跡シリーズの核心には触れないんだろうなーと買う気にはなれず。
もう軌跡シリーズ始まって10年経っているんだし、少しずつでいいから核心にも触れて欲しいです。
終結はこっちがゲームやるような歳であるうちにお願いしたいです;
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

ガンダムバトルユニバース
■ ジャンル:3Dアクション ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-17

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

Ys SEVEN(イース7)
■ ジャンル:アクションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2009-09-17

タクティクスオウガ 運命の輪
■ ジャンル:シミュレーションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,980円
■価格:5980
■発売日:2010-11-11

無双OROCHI
■ ジャンル:タクティカルアクション 本作でPSP版”初”の広大フィールドで、無双アクションが楽しめる。魔王【遠呂智(おろち)】が生み出した異次元世界を舞台に、真・三國無双と戦国無双に登場した全70名の武将を操り、PS2版と同じ大きさのフィールドで激しいバトルが可能になったのだ。PS2では当たり前だったストーリーモード、フリーモードの二人協力プレイが、なんと画面分割ではなく、1人専用の画面で広々と楽しめる。さらに、戦闘中のイベントシーンをPSPの美しいグラフィックに合わせてアレンジされている。(転用元:GDEXより)
■価格:5544
■発売日:2008-02-21

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

ファンタシースターポータブル2
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人(アドホックモード、インフラストラクチャーモード対応) ■ ダウンロード版:4,500円
■価格:5040
■発売日:2009-12-03

レビュー投稿フォーム

英雄伝説 碧の軌跡
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「英雄伝説 碧の軌跡」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る