Ys SEVEN(イース7)

発売元: 日本ファルコムオフィシャルサイト 発売日: 2009-09-17 価格: 6090(税込) レーティング: 【C】15才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 82 Amazon点数: 4.4

スコアーボード

Ys SEVEN(イース7)レビューチャート 標準偏差 14.24 (難易度) 2.25 mk2レビュー数 53
0%
0-9
0%
10-19
1.9%
20-29
0%
30-39
3.8%
40-49
1.9%
50-59
5.7%
60-69
22.6%
70-79
34%
80-89
30.2%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
240人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 5pt 4pt 3pt 2pt
総合点
83pt

GOOD!

イースは1&2、ナピシュテム、オリジンのみ途中までプレイ。


●オリジナリティ
基本に忠実なシステムだが、前作とは違った新しいシステムも採用しているので4点。
ストーリーに合わせて徐々に能力が強化されていくのも良い(チャージ時間の減少など)。
EASY、NORMAL、HARD、NIGHTMAREの四段階の難易度で、幅広いプレイヤーに対応している。


●グラフィックス
特に街やダンジョンの3Dが作り込まれていて綺麗だった。
反面、キャラクターや一部の中ボスのテクスチャが汚い部分があった。
立ち絵なども含めて総合的にみると、PSPでは十分綺麗と言えるレベル。


●サウンド
さすがファルコムといったところ。
街や村では、いつまでもそこに留まっていたいような穏やかな曲。
フィールドやダンジョンでは、美しい景色にあっていながらも戦闘意欲をかきたてるアップテンポの曲。
中ボスでは、一変して緊張感が増す激しい曲。
自己主張しすぎないながらも、決して飽きさせない戦闘曲の数々は見事としか言いようがない。
イベントでは、時に熱く時に切なく。ありきたりな展開が、曲のおかげでのめりこめたと言っていいくらい。


●熱中度
ここまで熱中できたのは久しぶり。
雑魚戦は基本的に斬って殴っての繰り返しで単調作業だが、中ボス戦になると途端に変わる。
基本は回避アクションを併用したヒットアンドアウェイで、この正確さが勝敗を左右する激戦となる。
難易度がハード以上なら、ガードと回避のどちらが有効かの見極め、そしてシビアなタイミングのガードテクニックを要求される。
中ボスによってキャラやスキルの相性に差があるものもあり、繰り出す技も経験で対処法を覚えていく。
徐々に敵を知って的確に処理することで勝利へ近付く快感がたまらない。
バランスもかなり良く、遠距離攻撃で安全地帯からあぶり続けたり、攻撃を連打するだけで勝てるような生易しいボス戦は一つもない。
前述した白熱する戦闘曲の効果もあり、爽快感と熱中度はかなりのもの。


●満足感
ここまで熱中できれば文句なし。グラフィックも十分綺麗。
ただ、ちょっと勿体ない点もいくつかあった(BADで)。


●快適さ
移動速度が速く、回避アクションを併用すると滑稽と言えるほどのスピードで駆け回る。
街中の階段をローリングしながら上る姿は若干シュールだが、快適さにおいては問題ない。
ただ、これもちょっと気になる点が。


●難易度
普通と書いたが、正直これは決められない。
4つの難易度によって手応えが段違いなので、自分にあった難易度を選べば楽しめるだろう。
自分はアクションは下手な部類だが、思い切ってハードを選んだらギリギリクリアできる感じだった。
死ぬことで学んでプレイヤースキルが上がる部分もあるので、根気があればアクション下手でもハードまではいけると思う。

BAD/REQUEST

●オリジナリティ
採取、合成システムは面倒なだけだと思った。
クエストもお使いしかなく、ひねりが無さ過ぎてつまらない。


●グラフィックス
前述したが、操作キャラや一部敵のテクスチャが粗い。


●サウンド
ボイスが少ないことぐらいだろうか。
戦闘中にヤー!とかよし!とか掛け声を言う程度。


●熱中度
最終ダンジョンがすごく長い。
仕掛けもあまり深くなく、もうちょっとひねりがあるものが欲しかった。


●満足感
やり込み要素があまり無い。
スキルレベル等の概念も一応あるが、引き継ぎできないのであまりやる気が起きない。
スキルレベルを上げようと戦闘を繰り返すとキャラのレベルも上がるので、正直あまり恩恵を受けた感じがしないのもマイナス。
サウンドテストもない。名曲揃いなだけに残念。
オープニングムービーを見るには最初から始める必要がある。これもハイセンスなのでタイトル前に見たかった。
ストーリーも、伏線があまりなかったり辻褄が微妙に合っていなかったりで、あまり深みのある話ではなかった。
後味は良いし、感動できるのだが……ファルコムならもっと中味のあるものを書けたのでは。


●快適さ
中ボス戦闘時にメニューが開けないため、装備の変更やパーティの変更・セーブができない。
それはいいのだが、ゲームオーバーになってもリトライかロードかタイトルに戻ることしかできず、中ボスの特性を理解してパーティ編成や装備の見直しをしたくなったら、ロードし直してからイベントをまた見なくてはならない。

COMMENT

PSP2000。
買ってよかったと心から思える作品。
アクションが下手でも得意でも楽しめる。
ARPGやりたいなと思っている人に自信を持ってオススメできる、万人向けのゲームだと思う。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(済)
凶狐さん[2009-12-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

241人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 5pt 4pt 4pt 2pt
総合点
83pt

GOOD!

・操作性が抜群
攻撃の連打、溜め攻撃、SPをためてのスキル攻撃がいずれも小気味よく出せるのは当然として、どんな姿勢からもキャンセルして回避行動、重力や慣性を無視した機動性、移動中でも弓連射、いつでもどごても瞬時にキャラチェンジ、強すぎず邪魔にならず回避能力は以上に高い仲間AIなど、リアリティーを完全に捨てて「プレイヤーが思ったとおりに動かせる」という一点に絞り込んでいるのが良。
おかげで敵にやられても「自分が下手だった」と納得することができる。

・ボス戦の難易度が絶妙
ノーマル以下だと苦戦しつつもギリギリ倒せる
ハード以上だと何回かリトライすれば倒せる
という見事な調整がほとんどのボスに施されている

・音楽が良い
日本ファルコムのお約束といえばそれまでだが、音楽が走りまくっていて必要以上に良い。どうでもいいシーンや通り過ぎるだけのフィールドがやたらカッコよく見えてくる。
いつも通りといえばそれまでだが、PSPでここまでというところを評価して5。あと特典なので本編とは関係ないが、おまけでついてきた歴代シリーズのサントラがボリューム・内容ともにおまけとは思えぬほどに充実していたため、気持ち加点。

・テンポが抜群で熱中度増
ロードは皆無、というわけではないが、一部を除いては長いロードも無く、あらゆる操作のレスポンスも良いため、とにかくゲーム全体のテンポが良い。おかげでやめどきを失う。

・オーソドックスなゲームファンタジーの世界観
80年代後半から90年代前半に跋扈しまくったありがちファンタジーの世界観だが、最近ではそういうのが減ってしまったため、丁寧につくられた本作の世界観がむしろ魅力。

BAD/REQUEST

・ストーリーが陳腐
一部に盛り上がるイベントもあるが、基本的にはだらだらとお使いしてたらい回しにされるだけで、ストーリーが良いとは云えない。盛り上がるシーンも妙にご都合主義で、うまい展開ではない。
が、逆をいえば世界観同様、安心できる味わいでもあるので、加点にはならないが減点するほどでもない。


・ボリュームが微妙
クリアーまでおよそ20時間
前作までと比べると倍増はしているが、大半がお使いのため、それでも普通のRPGよりは短い。
かといって前作までのように繰り返しプレイするにはちょっと長い。
帯に短したすきに長しという感じで、微妙

・クリアー後になにもない
二週目とかは別にいらないが、シリーズ近作(PC版)ではクリアー後にタイムアタックモードなとが出現してボス戦を何度も楽しめたが、今作にはない。好きだったので純粋に残念

・クエストがつまらない
「??を持ってきて」というクエストばかりでつまらないうえに褒章もさして嬉しくないものばかり。プレイ時間の水増し以外になんの役にも立ってない。

COMMENT

前作までに比べるとけっこうシステムが変更されているのだが、不思議とプレイ感覚に大きな差はない。
とにかくプレイしやすいように、やっていて気持ちよいように作られている。
おかげで新鮮味はうすいのだが、それ以上に安心感と爽快感が強い。
キャラクターや音楽なども含めて、シリーズファンには安心してお勧めできる、むとろ「だまってプレイしろ」と強要できる出来。かつ、新規プレイヤーにもおすすめしたい、そんな丁寧な出来。
初代から20年以上が経ち、システムも媒体もなにもかもが変わっているのだが、シリーズのコンセプトである「優しさ」はなにも変わっていない。そう感じられる。
ささいな欠点はあったが、総合では十二分に満足できる内容だった。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(未)
うなぎさん[2009-09-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 生シオナイト レビュー日: 2009-09-19
PSPからスタートさせた初めてのファルコムのナンバリングタイトルということで気合がひしひし伝わってきます。もう凄まじい程・・・

第一印象は、ファルコムゲームならではのノンストレス、スピーディーな展開。
通常移動速度が、他のゲームで言うところのダッシュ級はあり、そこに「回避」という、他のゲームで言うところのブースト級はあるアクションが加わります。
この「回避」は×ボタン(デフォルト)で行うのですが、ゲージなどはなく無制限。
「溜め攻撃(○ボタン)」最中にも連発出来るので、町の移動にも敵の背後取りにも大活躍!
こう聞くと反面「戦闘がテクニカルになっちゃってるんじゃないの〜?」という危惧もありましょうが、一定の間合いに敵がいれば攻撃ボタン押した時に敵をホーミングしてくれるシステムの恩恵で、空振り連発のフラストレーションにつながる事もありません。高精度な高速戦闘が展開されていきます。
細かい所では配色センスや、キャラとフィールドのサイズバランスも上手く、インターフェースも非常に見易い。疲労の溜まらないプレイに一役買ってます。
メニュー開閉やロードも早く、疾走感溢れる超カッコイイしびれるBGM群!生音をサンプリングしてるかのような臨場感溢れる効果音にも快感を促されます。
PC-88の頃から感じていましたが、本作でも無駄な色数やポリゴンなど、高負荷な要素を上手に削って作られています。
静止画の映えやリアリティには不利ですが、他のゲームでは決して味わえない、操作における高いレスポンシビリティを実現しています。

これだけアップテンポな要素テンコ盛りながらも、ストーリーは練りこまれ住人との会話も至極丁寧。少しでもゲームが進行すれば、別にスルーしても差し支えないはずの住人の台詞には変化が表れ、どんな住人にも性格や生活感をしっかり持たせており、この世界の没入へと誘われます。
脇役のその後にすら興味を抱かせる程、各々のキャラが立っているのは英雄伝説譲りの美点。
従来のイースから格段に増したボリュームといいやり込み要素といい死角はありません。

PSPの空の軌跡がFC→SC→3rdと右肩上がりの売り上げを示したように、リリースが少数でもこういう丁寧に作られた裏切らない作品を出し続けていれば、コンシューマー界でも確実にファルコムファンは増えていくと思います。
パソコン氷河期にソフトメーカーが次々と散っていく中でもトップセールスを保ち続け生き残ったメーカーがファルコムとコーエー。
このイース7や英雄伝説、ブランディッシュやザナドゥネクストなどをやってみると、その底知れぬ地力、センスにいつも驚嘆します。
お金と人力を湯水のように注いで作られたゲームも一つの魅力ですが、手間と工夫を湯水のように注いで作られたゲームには、ファルコムのみならず心を揺さぶられるものがあります。

現在、隆々と胸張ってプレイ出来るハイテク据え置きマシンが目の前にありながら、背中丸めてちっちゃなPSPに延々かじりつく自分がおります・・・(^^;)

ファルコムやイースのファンでなくとも、ゲームが好きな人、ストレス発散したい人に鉄板でお勧めします。
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

タクティクスオウガ 運命の輪
■ ジャンル:シミュレーションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,980円
■価格:5980
■発売日:2010-11-11

ファンタシースターポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-31

GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホックモード時:2?4人) ■ アペンド版:2,100円
■価格:5229
■発売日:2010-10-28

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

ファイナルファンタジーIX(FF9)
■ ゲームアーカイブス ■ ジャンル:ロールプレイング ■ プレイ人数:1人 ■ 必要容量:1,550MB
■価格:1500
■発売日:2010-05-20

レビュー投稿フォーム

Ys SEVEN(イース7)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Ys SEVEN(イース7)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る