Ys SEVEN(イース7)

発売元: 日本ファルコムオフィシャルサイト 発売日: 2009-09-17 価格: 6090(税込) レーティング: 【C】15才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 82 Amazon点数: 4.4

スコアーボード

Ys SEVEN(イース7)レビューチャート 標準偏差 14.24 (難易度) 2.25 mk2レビュー数 53
0%
0-9
0%
10-19
1.9%
20-29
0%
30-39
3.8%
40-49
1.9%
50-59
5.7%
60-69
22.6%
70-79
34%
80-89
30.2%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
234人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 5pt 2pt
総合点
82pt

GOOD!

いままでのイースアクションとはかなり大きく変化している
これまでのイースシリーズではあくまで1キャラ操作だったが、今回はパーティ要素が加わり、ボタンで操作キャラを切り替え、ほかのキャラはAIで動き回る
どちらかというとZWEIシステムの進化版みたいなイメージに感じる
こういうと複雑化しているように思うかもしれないが、そんな感じはまったくなく自然になじむ
とにかく遊びやすく、スピーディな戦闘が非常に爽快
今回ジャンプアクションは廃止されてしまったが、回避とガード中心の戦闘は別の面白さがある
サウンド面もさすがのファルコムといったところで、ムード系からハイテンションな曲までかなりクオリティが高い
ロード待ちもあまり感じられないので、かなり快適

BAD/REQUEST

グラフィックがものすごく悪いとも言えないが、良いというほどには良くない
ストーリーは王道的とはいえ、いまいちひねりもなにもなく真っ直ぐすぎ
最近のゲームに見られる傾向だが、謎解き関連が単純すぎてただの作業に感じる
あまり難しすぎてもどうかとおもうが、もう少し頭をひねるような謎解きが欲しいところ
モンハン的な素材集めて武器つくるみたいなやりこみ要素もいらない
どちらかというと隠し的なやりこみ要素の方が欲しい

COMMENT

ファルコムのバランス感覚は非常に高く、とにかく遊びやすい
これほどまでに快適に遊べるゲームはなかなか存在しない
昔からなかなかコンシューマーにはいけない会社であったが
PSPでは大きな成果を挙げているので、がんばってほしい

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
ATさん[2009-12-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

240人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 5pt 1pt
総合点
82pt

GOOD!

・PSP
:PSPとしての特徴を上手く生かした作り方。グラフィックは前作に比べれば落ちているが、PSPの機能に合わせて快適にプレイできるようにしたと考えれば十分。
:Rボタンとの組み合わせでスキルが発動するシステムもコンシューマーゲーム機のコントローラーのつくりに合っている。

・パーティ
:今までのシステムを一新し、パーティシステムを導入。ボタン一つで簡単にキャラクタの切り替えが可能。ほとんど完成されていたシステムだけに、それを打ち壊して新たな領域に挑戦する気概は素晴らしい。
:仲間が快適に動いてくれる。特に採取の際に仲間も一緒に採取を行ってくれたり、敵がいなくなれば自分からドロップアイテムを拾いに行ってくれるのは嬉しい。

・サウンド
:BGMは基本的に良い(特に気に入った曲というものが今回はなかったが)。
:敵を倒したときの効果音も爽快感がある。

BAD/REQUEST

・回避
:ジャンプが廃止、代わって一定方向に高速で移動する緊急回避が導入されたが、これが戦闘を全体的に単調にしている。
:ほとんどの敵の攻略方法が一緒。ボス戦でも攻撃動作を見せたら緊急回避するだけでほとんどの攻撃を避けることができ、おかげで何度もトライしながら攻略方法を見つけていく・特定のパターンに慣れていくということがない。

・スキル
:特定のアイテムを入手して新たなアクションが増える方式ではなく、武器によってスキルを取得していく方式になった。それ自体は悪くはないが、スキルで戦況をコントロールするということがない。
:スキルが「単なる強力な攻撃方法」でしかないため、やはりボス戦が単調(一部回り込んだり飛んだりして回避できるものもあるが)。

・ガード
:使わなかった。難易度が上がると必須になるのかもしれないが、ほとんど空気。

COMMENT

 PSP-2000使用。
 イースシリーズは全体の6割くらいプレイ済み。6からの新シリーズはすべてプレイ。

 回避システムとスキルシステムが戦闘の単調さを作り出してしまったような感がある。相手の攻撃方法に合わせて対応する、という局面がほとんどなく、ボス戦を何度も繰り返して攻撃に慣れていくということがなかった。
 これ単体で見れば良作の部類に入る気はするが、前作、前々作を知っているだけに落ちて見えてしまう。うーむ、アドルがもてもてということもなかったことも含め、今一歩という感じ。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(済)
ブリキのさんWebサイト[2009-10-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 生シオナイト レビュー日: 2009-09-19
PSPからスタートさせた初めてのファルコムのナンバリングタイトルということで気合がひしひし伝わってきます。もう凄まじい程・・・

第一印象は、ファルコムゲームならではのノンストレス、スピーディーな展開。
通常移動速度が、他のゲームで言うところのダッシュ級はあり、そこに「回避」という、他のゲームで言うところのブースト級はあるアクションが加わります。
この「回避」は×ボタン(デフォルト)で行うのですが、ゲージなどはなく無制限。
「溜め攻撃(○ボタン)」最中にも連発出来るので、町の移動にも敵の背後取りにも大活躍!
こう聞くと反面「戦闘がテクニカルになっちゃってるんじゃないの〜?」という危惧もありましょうが、一定の間合いに敵がいれば攻撃ボタン押した時に敵をホーミングしてくれるシステムの恩恵で、空振り連発のフラストレーションにつながる事もありません。高精度な高速戦闘が展開されていきます。
細かい所では配色センスや、キャラとフィールドのサイズバランスも上手く、インターフェースも非常に見易い。疲労の溜まらないプレイに一役買ってます。
メニュー開閉やロードも早く、疾走感溢れる超カッコイイしびれるBGM群!生音をサンプリングしてるかのような臨場感溢れる効果音にも快感を促されます。
PC-88の頃から感じていましたが、本作でも無駄な色数やポリゴンなど、高負荷な要素を上手に削って作られています。
静止画の映えやリアリティには不利ですが、他のゲームでは決して味わえない、操作における高いレスポンシビリティを実現しています。

これだけアップテンポな要素テンコ盛りながらも、ストーリーは練りこまれ住人との会話も至極丁寧。少しでもゲームが進行すれば、別にスルーしても差し支えないはずの住人の台詞には変化が表れ、どんな住人にも性格や生活感をしっかり持たせており、この世界の没入へと誘われます。
脇役のその後にすら興味を抱かせる程、各々のキャラが立っているのは英雄伝説譲りの美点。
従来のイースから格段に増したボリュームといいやり込み要素といい死角はありません。

PSPの空の軌跡がFC→SC→3rdと右肩上がりの売り上げを示したように、リリースが少数でもこういう丁寧に作られた裏切らない作品を出し続けていれば、コンシューマー界でも確実にファルコムファンは増えていくと思います。
パソコン氷河期にソフトメーカーが次々と散っていく中でもトップセールスを保ち続け生き残ったメーカーがファルコムとコーエー。
このイース7や英雄伝説、ブランディッシュやザナドゥネクストなどをやってみると、その底知れぬ地力、センスにいつも驚嘆します。
お金と人力を湯水のように注いで作られたゲームも一つの魅力ですが、手間と工夫を湯水のように注いで作られたゲームには、ファルコムのみならず心を揺さぶられるものがあります。

現在、隆々と胸張ってプレイ出来るハイテク据え置きマシンが目の前にありながら、背中丸めてちっちゃなPSPに延々かじりつく自分がおります・・・(^^;)

ファルコムやイースのファンでなくとも、ゲームが好きな人、ストレス発散したい人に鉄板でお勧めします。
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

ファンタシースターポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-31

タクティクスオウガ 運命の輪
■ ジャンル:シミュレーションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,980円
■価格:5980
■発売日:2010-11-11

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(メタルギア ソリッド ピースウォーカー)
■ ジャンル:タクティカル・エスピオナージ・オペーレーション ■ プレイ人数:1?6人(アドホックモード:2?6人) ■ ダウンロード版:4,700円
■価格:5229
■発売日:2010-04-29

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

グランツーリスモ
■ ジャンル:リアルドライビングシミュレーター ■ ダウンロード版:4,400円
■価格:5480
■発売日:2009-10-01

レビュー投稿フォーム

Ys SEVEN(イース7)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Ys SEVEN(イース7)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る