ときめきメモリアル4

発売元: コナミデジタルエンタテインメントオフィシャルサイト 発売日: 2009-12-03 価格: 5250(税込) レーティング: 【B】12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 72 Amazon点数: 4.3

スコアーボード

ときめきメモリアル4レビューチャート 標準偏差 12.13 (難易度) 1.73 mk2レビュー数 30
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
3.3%
30-39
3.3%
40-49
10%
50-59
23.3%
60-69
50%
70-79
3.3%
80-89
6.7%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
221人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 1pt 2pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
45pt

GOOD!

■特技システム
RPGでよく見られるスキルシステムのように、
コマンドの実行で稼いだ経験に応じて、
任意の特技を取得できるようになりました。
特技には様々な効果があり、育成における戦略性が、より高まりました。

■携帯電話システム
旧作では、デートを誘うのも、評価を確認するのも、
休日1日まるまる消費するという理不尽な仕様でしたが、
今作では、コマンド入力が可能な状態であれば、
何時でも時間を消費せずに可能となりました。
月4回までなら好きな時間に何度でも電話が使えるようになったため、
より自由にスケジュールを組み立てられるようになりました。

BAD/REQUEST

■キャラクターデザイン
ヒロインは面長で鼻が強調された萌えとは対極にあるようなデザインです。
ボーイズラブ系ゲームに登場するイケメンキャラのようにすら見えるデザインは、
ギャルゲーとしては致命的で、ありえません。
もちろん、声は女性なので、
実際に遊べば愛着がわく方もいるかもしれませんが、
私は実際に遊んでみても愛着はわきませんでした。
やはり見た目は非常に重要です。

■グラフィクス
前作は3Dキャラの全身が動いてキャラクターの仕草を表現していましたが、
今作はモーションポートレートの採用により、
首付近から上しか動かなくなりました。
頭だけがユラユラと揺れている様子は明らかに不自然で、
かなり違和感があります。
前作の3Dキャラは、当時の技術の未成熟さやデザインなどの問題から、
評判があまり良くありませんでしたが、
アイドルマスターやドリームクラブ、ラブプラスなどのように、
3Dキャラのギャルゲーがヒットを続ける現在、
なぜいまさら2Dに戻したのか理解に苦しみます。
もちろん2Dには2Dならではの表現がありますが、
今作のノッペリとしたアニメ調の絵作りは、
2Dならではの表現とは思えません。

■手つなぎイベント
恋愛ゲーム的な要素として、新たに手つなぎイベントが追加されました。
トゥルーラブストーリーの下校会話とほとんど同じ内容のシステムですが、
PS時代初期の作品であるトゥルーラブストーリーの方が、
遥かによく動き、臨場感がありました。
あくまでオマケ程度の内容で、練り込みが不足しているように感じます。

■声かけモード
旧作ではランダム発生だった下校イベントを、
今作ではプレイヤーの意志で発生させることができるようになりました。
しかしながら、声かけを行うためには、
コマンド実行画面にキャラが出現した際に、
対応したボタンを急いで押す必要があるため、
コマンド実行画面を安易にスキップできなくなりました。
このため、ゲームのテンポが悪くなり、
かえって煩わしくなったように感じます。

■熱中度
基本的なゲーム内容は旧作から何も変わっておらず進歩が見られません。
ひたすらコマンドを選んでパラメータを上げ続けるだけです。
理不尽な爆弾システムも健在で、
登場したヒロインを放置していただけで爆弾が発生するため、
解除のために狙っていないヒロインもデートに誘う必要があります。
登場したヒロインが増えるほど難易度が高くなるため、登場しないように、
パラメータやスケジュールを調整する必要があるのも相変わらずかったるいです。

■操作性
旧作ではコマンドが格子状に配置されていましたが、
今作ではコマンドが円状に配置されており、
現在の選択位置から反対側にあるコマンドを選ぶには、
何度も十字キーを押さねばならず、かなり煩わしいです。
アナログキーで直接コマンドを選ぶことも可能ですが、
角度が微妙なため、思い通りに操作するのは困難です。

■ミニゲーム
基本的に過去の作品からほとんど変わり映えがありません。
そのうえ旧作で好評だったシューティングは削られてしまいました。
手抜き感が否めません。

■サウンド
前作同様、OPソングやEDソングがアイドルとのタイアップというのは、
作品のイメージを形成するうえでマイナスに作用していると思います。
ゲーム中の声優の歌はダウンロード販売で別料金というのも印象が悪いです。
BGMも取ってつけたかのような楽曲ばかりで、1作目のように、
ゲームの世界と完全に調和しているような感覚はありませんでした。

COMMENT

PSP?2000使用。メディアインストールしてプレイ。
4キャラクリア済み。旧作プレイ済み。

ときめきメモリアルをベースとして制作されたガールズサイドやラブプラスが、
恋愛要素を重視した新たな試みで高い評価を受けている一方で、
今作は基本的に旧作から大きな変化はなく、
ほとんど進歩が感じられませんでした。

恋愛を主題にしたギャルゲーではありますが、
相変わらずキスなどの要素すら存在せず、
恋愛ゲームとしては、かなり物足りなさを感じます。
在学中に何度も何度も繰り返しデートをしているくせに、
卒業の日に告白というのも相変わらず不自然です。

それなりに丁寧に作り込まれているとは思いますが、
シリーズ通して見ると、いまさら感が強く、
今作で特筆すべき要素は皆無です。
発生するイベントの内容も、どこかで見たようなキャラクター、
どこかで見たようなシチュエーションばかりでした。
正直のところ、新規にときめきメモリアルを遊ぶなら、
あえて今作を買わずとも、
先日ゲームアーカイブスに登録された1作目や2作目をやれば十分だと思います。
値段も圧倒的に安いですし、
ヒロインのデザインも未だ根強いファンがいるほど好評です。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(済)
コアラッキーさん[2009-12-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

216人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
1pt 3pt 3pt 1pt 1pt 2pt 2pt
総合点
30pt

GOOD!

旧作プレイ済み
・携帯機なので手軽に遊べる
・女性向けではない、ときメモの続編が出たということ
・EDの歌が良い
BGMは全体的に良い感じ
・古賀先生

BAD/REQUEST

・まず一番酷いと思ったのは
イベント少なすぎです。3年目のクリスマスイベントくらい全員分用意しとけと
2、3人同時攻略してちょうど良い感じのボリューム
PS時代に発売された2よりも作りこまれていないのはありえない

・一部で有名な幼馴染
やりすぎでしょう。普通通報します
事前情報無しで1周目評価聞くついでにデート誘ってたら豹変してかなり萎えました

・キャラの魅力
特技伝道師、ストーカー、サプリ婆、初対面でいきなりマジ切れする眼鏡等
恋愛対象としてどうなのかというキャラが多い
キャラクターに深みが無い

・モーションポートレート
不気味

COMMENT

かなりガッカリしました
内容薄いです、ペラッペラです
デートしかやること無いんだから、もっとバリエーション用意しろと
一々手繋ぐのとか見せんなと

携帯機だからの言い訳は通じない
10年も前の2の方がよっぽど奥行きが有った
酷評されている3の方がまだマシだった
3は全員クリアしたが4はいつき、エリザ、そして嫌々ストーカーを攻略したのみ
もうやりたいと思わない

次回作が出るか解らないが
出るならもう少し作りこんで欲しい

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(済)
kaitoさん[2010-07-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: うし太郎 レビュー日: 2009-12-04
とりあえず何周かクリアしてみての感想です。

まず、ゲームとしてのシステムの完成度の高さに驚かされます。
イベント数も多く、やるべきことは多いにもかかわらずテンポ良くゲームが進行するので、無駄なストレスを感じません。
複数回のやり込みプレーを前提にしているゲームである以上、この部分は非常に重要で、読み込みの速度(要インストール)やインターフェースの使いやすさは特筆物であり、特に2のディスクチェンジのときのようなテンポの悪さは完璧に改善されているので、非常に快適にプレーできました。
特技システムも面白くチュートリアルも分かりやすいので、すんなりとゲームの世界に入っていけた点も◎
新技術のモーションポートレートもかなり自然な動きで良い感じです。
3のときの悪夢を払拭してくれました(笑)
立体音響技術もなかなかいい感じで、1000円の安ヘッドフォンでもそこそこ音の奥行きを感じさせてくれました。
ヒロインが耳元とでそっとささやくなど、ゲームの雰囲気を良い感じにアシストしてくれています。
何にでも新しい技術を盛り込めばいいってものでもないでしょうが、こういう目立ちにくいところにも新技術でチャレンジする姿勢って好きです。
ラブプラスのような手つなぎモードもいいアクセントになっていて楽しめます。

嫌いな人は受け付けないかもしれませんが、明らかにおかしなデートの選択肢も健在で、RPGバトルや縁日など、シリーズファンならニヤリとするような演出も満載で、初代からやっている自分は素直に楽しむことができました。

この手のゲームの宿命かもしれませんが、絵柄への評価は少々厳し目のようです。
確かに少し控え目ではあるけど、どのキャラも魅力があって個人的には気に入っています。
このあたりはあくまで個人の好みになりますが、個々のヒロインの背景やイベントはどれも丁寧に作られていて、作り手のこの作品に対する誠意が感じられます。
やり込めば、きっと愛着が湧いてくるんじゃないかな?
むしろ1や2のようなぶっ飛んだ設定や髪型にした方が反発が大きかったんじゃないでしょうか?(自分は好きですが)

ただし、このゲームを十分に楽しむためには、インストール用にそれなりの容量のメモリースティック(512M程度だと他のデータを圧迫する)と音声合成データのダウンロード用に無線LANの環境が必須になります。特に売りの1つであるはずの「音声合成データ」が無線LANでダウンロードする必要があるところは減点です。
なくてもゲームは楽しめますが、ヒロインに名前を呼んでもらえるのはやはりこのゲームのキモなので。。
ヘビーユーザーは何とかするでしょうが、新規のユーザーは不満に思うかもしれません。

もちろん不満な点や好き嫌いはあるでしょうが、全体的に非常に丁寧なつくり込みがされており、1つのSLGとして考えても高く評価できます。
シリーズの良いところを引き継いで発展させた、ときメモシリーズの新たなスタンダードになり得る良い作品だと思います。

12/05 追記
やはり、このシリーズ独特の「ノリ」やお約束のサプライズは満載のようです。
PSPになって、一般受けがするようにそういったノリや表現を抑えているのかと思いましたが、決してそういった展開ばかりではないようです。
ゲームとしてうまくまとまっていることとは別に「ときメモはときメモである」ということが言えそうです。
12/07 追記'A
これから購入しようと思っている方はネタバレにお気をつけください。
現在、「ときめきメモリアル4」とgoogle検索するだけで、今作品でのもっとも重要と思われる要素が分かってしまう可能性が高いです。
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホックモード時:2?4人) ■ アペンド版:2,100円
■価格:5229
■発売日:2010-10-28

ファンタシースターポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-31

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(メタルギア ソリッド ピースウォーカー)
■ ジャンル:タクティカル・エスピオナージ・オペーレーション ■ プレイ人数:1?6人(アドホックモード:2?6人) ■ ダウンロード版:4,700円
■価格:5229
■発売日:2010-04-29

英雄伝説 碧の軌跡
■ ジャンル:ストーリーRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 完全予約限定版:9,240円 ■ ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2011-09-29

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

レビュー投稿フォーム

ときめきメモリアル4
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ときめきメモリアル4」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る