ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生

発売元: スパイクオフィシャルサイト 発売日: 2010-11-25 価格: 5229(税込) レーティング: 【D】17才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 76 Amazon点数: 4.0

スコアーボード

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生レビューチャート 標準偏差 16.78 (難易度) 1.51 mk2レビュー数 74
0%
0-9
1.4%
10-19
1.4%
20-29
1.4%
30-39
5.4%
40-49
8.1%
50-59
14.9%
60-69
31.1%
70-79
23%
80-89
13.5%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
298人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 2pt 4pt 4pt 2pt
総合点
69pt

GOOD!

○オリジナリティー
事件を推理して真犯人を見つけ出すという推理ゲームの王道を行きつつも、「ノンストップ議論」や「閃きアナグラム」といった独自のシステムの導入によって、他作品をはるかに凌ぐスピード感と緊張感を実現している。

○キャラクター・グラフィック
合計16人のキャラクターがそれぞれしっかりと描かれている。またCVも豪華声優ありきではなく、コンセプトにあった声優を選んだという感じで、キャラクターとしっかり溶け合っている点は大きく評価できる。

○快適感
ロードが長いなどの問題もなく、サクサクとプレイできた。

BAD/REQUEST

○熱中度
ボリュームもそこそこあるので、1回目のプレイは熱中できる。ただ2回・3回とプレイしたいかと言われると微妙である。

○ストーリー
キャラクターがどんどん死んでいくのだが、IFルートなどがないため、思い入れのあるキャラクターが死ぬと後味の悪い思いをするかもしれない。またクリアしても謎が完全に解かれるわけではないため、エンディングもどこか歯切れが悪い印象を受けた。良くも悪くも一本道のストーリーである。

○推理の難しさ
基本的には相手の推理を自身の持つ根拠で論破する形なのだが、時々相手の発言を根拠にして論破しなければいけない時があり、見極めが難しい。しかも「一通りやりとりを聞き、最後のキーワードを、再び聞き直したやりとりの冒頭で使う」という場面もあり、一筋縄ではいかない。このあたりをストレスと感じるか、面白いと感じるかで評価が分かれるかもしれない。

COMMENT

どの要素もゲームとしてかなり高い水準でまとまっており、良ゲーと言える。製作者側がだいぶ熱意を込めて制作したゲームであることがうかがえた。(また、ゲーム途中で自社の新作のPVを入れるというおちゃめっぷりには脱帽である)

やろうかどうか迷っているならば、ぜひ手に取ってプレイしてほしい1作。
プレイして損はしない。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(済)
貧乏人さん[2014-04-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

284人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 5pt 4pt 4pt 4pt 3pt
総合点
82pt

GOOD!

ダンガンロンパはアニメから入り、知っている人に勧められてプレイしました。

アニメとの違う箇所も説明しながら、解説したいと思います。

◎ アニメと同じ声優陣

ゲームが最初なんですが、アニメから入った方はこの事に感動すると思います。
モノクマ役もちゃんと「大山のぶ代」さんですので、楽しいと思います!w

◎ アニメで見られなかった箇所が、ゲームでわかる。

アニメではカットされていた場所等の説明が、ゲームでわかるようになっています。

◎ 自由時間にはキャラクター達と親密に。

ゲーム中には「自由時間」があり、自由時間中に特定のキャラと一緒に会話する事が出来ます。

◎ キャラ会話後は、プレゼントを。

「自由時間」でのキャラクター会話後にはプレゼントを渡す事が出来ます。
このプレゼントは学園内にある「購買部」で買える事が出来て、特定のアイテムだと好感度が上がります。
好感度が上がると、学級裁判に役に立つスキルが貰えます。(また、そのキャラの過去もわかります。)

◎ モノクマメダルでギャラリー解放。

ゲーム中に入手できるモノクマメダルで、ギャラリーの様々な要素が解放されます。
ゲーム中に流れた「BGM」や、キャラクターの「イラスト」、ゲーム中に導入された「ムービー」等。
モノクマメダルを使用する事で解放されるので、難しい事もないのでサクサク解放出来ると思います。

◎ 事件の捜査・推理・学級裁判が面白い!

アニメでもあった「捜査」と「学級裁判」。勿論ゲームにも導入されていますが、アニメとは違って自分で「推理」しないとわからない謎もあり、それらを解明するのが面白いです。

簡単に言えば、逆転裁判のようなもので、「捜査」で集めた情報を元に矛盾を見つけて、犯人を導き出す…と言ったところでしょうかw
(ところが学級裁判にも悪い箇所もあるんですが、そこはBADにて。)

◎ 裁判中に出る”発言”が証拠になる事も…。

「捜査」時には出なかった「証拠」が、裁判中のとあるキャラの”発言”から、入手する事もあります。
なので、常に油断出来ない緊張感がある戦いを楽しめます。
また、「発言を記憶させる」事もあり、その”発言”で裁判を解決する事もあります。

常にキャラの会話・そして証拠品を見て、それらを踏まえて矛盾点を見つけたり、推理するのが楽しいと思います。

◎ キャラクターが格好良い・可愛い

格好良いキャラと、可愛いキャラがいるのが醍醐味でしょうか?
アニメから入って、好きになったキャラと会話も出来るので楽しいと思います。

◎ 総合

PSPで出来る「逆転裁判」かな?w
「逆転裁判」系をしたい方にはオススメします。
また、アニメから入った人にオススメしたい作品です。
アニメでは語れなかったシーンが多いので、そこを探すのも楽しいと思います。
「ただ単にこのキャラが好き!」と言う人にも、勧められる作品だと思います。

BAD/REQUEST

うーん、良い箇所がないような感じで、悪い箇所が多いのかも?

×「学級裁判」にて。矛盾の見つけ方。

「学級裁判」での発言で、矛盾があったら証拠品と一緒に指摘する。
この形は逆転裁判と同じですが、問題は「矛盾の見つけ方」。つまり「指摘方法」です。

このゲームではシューティングゲームのような画面を元に、「証拠品」となるコトダマを発射して、論破すると言うゲームになっているんですが…。

後半になると発言が”上下反転”されて、コトダマをぶつけるのが難しくなってきます。
これのせいで時間切れになり、ゲームオーバーになった人も多いと思います。

× 矛盾点が見つけにくい・”発言”の記憶について。

これは逆転裁判系のゲームの盲点と言うべきでしょうか。
矛盾点が非常に見つけにくい為、ゲームオーバーになる事もあると思います。

これについても後半では多くなり、”発言”を記憶させる事も多くなって、より難しくなります。

最終章では、矛盾とは関係ない事をぶつけるので、わからなかった人もいると思います…。

× IFストーリーがない…。

チュンソフトと言えば、「かまいたちの夜」のようにIFストーリー系があるのが有名ですが…。
ダンガンロンパにはそれらがない為、「殺人を食い止めて別の話に!」なんて事がありません。

アニメはシナリオを基に制作すると思いますが、IFシナリオがゲームに導入されていないので、IFストーリー系が好きな人は飽きちゃうと思います…。

早い話が「かまいたちの夜」のIFストーリー系が好きな方は期待しない方が良いかもしれないです。

× シナリオの謎が解明されないまま、終わる…。

シナリオの謎が解明されないまま終わってしまいます。
「この謎は結局なんだったの?」と、アニメと同じように解明されないので、消化不良と言うべき難点でしょうか…。

× 生存IFがない為、後味が悪い…。

生存IFストーリーがない為、後味が悪くなる事も…。

× アイテム購入形式が、なぜかガチャガチャ…。

アイテムの購入形式が、何故かガチャガチャになっています。
スマブラみたいに、1枚入れる度にダブリ率が大きくなるので、何枚も入れないと新しいアイテムを入手出来ない状態になります…。

普通に選択形式で購入する事が出来た方が良かったと思う。
早い話が、ちょっと飽きちゃうかもしれないです…w
(ちなみにガチャガチャは、アニメOPのラストに出たので見たらすぐにわかると思いますw)

× マップ移動が大変。

マップ移動は”行った事がある場所のみ”ショートカット出来ます。
行った事がない場所は、ショートカット選択が出来ないんですが…。
いかんせん。マップが見にくい事もあるので、分かりにくいと思うようになる事も…。

× 総合

主に学級裁判の操作しにくさ。シナリオの謎が解明されないまま終わる事。
IFストーリーがない事が、BADに繋がりますかね…。

COMMENT

◎ 最後に…。

一言で言えば「面白い」ですが、やっぱり人を選ぶかな?w
アニメから入った人は割とすぐに馴染めると思います。

キャラクターの謎については解明されないキャラもいますので、何かの機会で出る続編等に期待するしかないと思われますw

IFストーリーすらないので、ちょっと飽きちゃう…かな?w

ちなみに前日談となる小説・「ダンガンロンパ?ゼロ?」では黒幕に繋がる”とあるキャラ”にスポットライトが当てられています。
そこでは「黒幕について」の一部の謎がわかるようになっています。

そして、ただいま絶賛発売中の「ダンガンロンパ?霧切響子?」も前日談となりますが、この小説では「ゲーム中で語られていない彼女の過去」が主となっています。
霧切響子ファンの方にオススメする作品ですw

どちらも見ていると、よりダンガンロンパに呑めり込めると思いますw

今現在はVita版も発売しており、追加要素として好きなキャラと仲良くなる事が出来る「学園モード」が掲載されているので、「好きなキャラと一緒に、キャッキャッ」したい人にオススメですw

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(済)
nekさん[2013-11-21 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: FGM レビュー日: 2010-11-30
プレイする前は、逆転裁判+ペルソナ÷2=このゲームって思いました。

逆転裁判の矛盾を指摘するシステムを、ペルソナっぽいライトでクールなデザインのデコレーションで飾ったゲームだと・・・。

しかし、本編をプレイすると一目で分かります。
このゲームが持つ、世界観とシステムは上の二つとはまったく違うことが・・・。

まず、世界観。
これが、良い意味でぶっ飛んでるw。
超高校生級の才能を持つ、見た目的にも言動的にもインパクト大の15人。
キャラ付けが素晴らしく、個性的なキャラクター達に感情移入もし易く、すぐに物語に没頭できます。
そして、このゲームの魅力の一つ。
マスコットキャラとしては申し分ない、裏の主役 モノクマである。
ドラえもんの声といったら、やっぱりこの人!と言われる大山のぶ代さんが声優を務め、
愛くるしい外見からは想像つかないドSな言動とおっさんくさい下ネタの連発は、記憶に強烈に刻まれること間違いなし!
(よもや、大山のぶ代さんの声で、○○○や○○○なんて言葉聞けるとは思いませんでしたww)

それとグラフィックには特に力が入っています。
3Dの空間に2Dのキャラという2.5Dグラフィックは、全編あらゆるシーンインパクトを与え、
シュールとグロが入り混じる”おしおき”シーンは、強烈な見た目に圧巻されます。
あと、部屋に入った時に飛び出す絵本のように出てくる背景や、キャラを調べると飛び跳ねたりするなど、
所々の演出に、製作者の光るセンスを感じました。

そして、このゲームのタイトルにもなっている”ダンガンロンパ”。
学級裁判という舞台で巻き起こる、殺人を犯した犯人「クロ」と残りのメンバー達との息詰まる心理戦。
矛盾を突いて犯人を指摘するというのは逆転裁判ですが、このゲームはそれに時間制限とシューティング要素をプラスしています。
簡単に言えば、限られた時間の中で矛盾したセリフに証拠という弾丸を標準を合わせて撃ち抜くという感じです。
セリフには様々なパターンがあり、それに合わせて対処を変えなくてはならないので、終始緊張感が途切れません。
また、重要なキーワードを浮遊する文字の中から撃ち抜いて完成させる閃きアナグラムや、
話を聞かない相手に数多くの弾丸をリズム感覚で撃ちまくって屈服させるマシンガントークバトル、
事件の全容を分かりやすく解説し、尚且つ漫画の穴を埋める過程でプレイヤーも事件の整理が出来るクライマックス推理。
どのシステムも物語にピッタリマッチして、ミニゲーム感覚でも遊べるので、マンネリはほぼ感じませんでした。

ひさしぶりに、夢中になりすぎてあっという間にクリアしてしまったゲームでした。
逆転裁判ファンやペルソナ3・4の尖ったセンスが好きな人には、是非おすすめしたい一本です。
BGMも非常に出来が良く、物語をうまく盛り上げてくれます。
おしおきシーンのちょっとしたグロやネット用語などが所々あるので、苦手の人は要注意!
製作者のセンスが、最高の形で発揮された素晴らしい完成度の作品なので、
すこしでも興味を持ったらプレイしてみて下さい!
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

ファンタシースターポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-31

GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホックモード時:2?4人) ■ アペンド版:2,100円
■価格:5229
■発売日:2010-10-28

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

英雄伝説 碧の軌跡
■ ジャンル:ストーリーRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 完全予約限定版:9,240円 ■ ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2011-09-29

レビュー投稿フォーム

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る