このソフトのレビューを書く

ユグドラ・ユニオン レビュー

ユグドラ・ユニオン
発売元 スティングオフィシャルサイト
発売日 2008/01/24
価格 4,980円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:タクティカル・ファンタジーRPG

2006年GBA用で発売され,大人気だったファンタジーRPGが重厚なストーリーと独自のフォーメーション概念をもって美しく鋭くリメイクされた。必殺技”スキル”に”新タクティクス・カード=スキル”が登場し,キャラボイスが実装された。アイテム図鑑,サウンドモードなどのクリア後も楽しめるコンテンツを含み,『リヴィエラ』で有名な戸部淑氏がデザインした総数30種類以上の”タクティクスカード”を使いこなしながら巧みな戦略とバラエティに飛んだアイディアでタクティカル・ファンタジーRPGの世界をプレイしよう。

スコアボード

ユグドラ・ユニオン評価ランク
中央値
71
難易度
3.04
レビュー数
24

スコアチャート ユグドラ・ユニオンレビューチャート



0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
12.5%
30-39
4.2%
40-49
12.5%
50-59
16.7%
60-69
29.2%
70-79
25%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
70.8%
【標準偏差】
16.34

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  217人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 3pt 1pt 1pt 1pt 3pt
総合点
31pt

GOOD!

GBA版はやった事がないのでわかりませんが、このゲームの一番良い所は絵がかわいいという所ではないでしょうか?

この手のイラストが好きな人なら固有キャラでなくても愛着わくと思いますし、ドット絵も良く動くので見ていて楽しく思います。

BAD/REQUEST

戦闘システム

単調。じゃんけんのような相性の要素で勝敗が決まるので、パズルゲームみたいです。あの敵ユニットにはこの味方ユニットを戦わせないとダメ、みたいな感じです。

そして敵のほうが必ず有利に働く戦闘システム。こちらスキル使えるのがリーダーだけなのに敵は誰でもスキルを使ってくる、敵だけ時間経過とともに自動に攻撃力があがる、とか。

ボスキャラだけならともかく雑魚でもそうなのでやっててずるいと感じます。


・そしてストーリーと関係ない、寄り道的なステージがないのでレベル上げが出来ない。
・装備品が時間でなくなる。(3マップ装備してたらなくなる、とか。しかも装備は外せない)
・店がない
・レベルアップしても強くなったのかわからない。というよりも攻撃力とかのパラメータはあるけど意味があるかわからないほど勝敗は相性できまる。

という感じなのでキャラを育てて、いい装備品をあつめて、スキルを覚えさせて…とキャラを育てるのが好きな人には向いてないと思います。

・カードで戦うが、1ターンにつき一枚ずつ使っていき、なくなると負け。カードを持てる枚数はステージによって違うが7枚くらいだった。つまり7ターンでケリをつけないといけない。


など全体的にみて自由度が低く、決められた通りに戦わなきゃいけない。
いわゆるメーカーの思惑通りにプレイしなきゃいけないゲーム。攻略法を強いられる感じです。どのゲームにも序盤などにシステムを理解してもらう為に攻略法を強いられる展開はありますが、このゲームはずっとそれです。それを戦略をいうのか?思いました。いうならば、よくできた軍人将棋みたいな感じです。

そして難易度を上げるために理不尽な戦闘がおおいのでMの人向けです。

ストーリーもむちゃくちゃでした。ネタバレなのでいいませんが、少しでもストーリーの良い作品をやったことがあるひとなら「はぁ?」と思う様な展開、主人公の判断が多々ありました。

COMMENT

GBAならともかく、PSPにだすのならばもっとシステム等を練り込んでほしかったです。
SRPGの戦闘なのにアクション要素、陣形要素、キャラの武器・種族・相性の要素、どれをとっても中途半端です。
それか若しくはもっとシンプルに自分でゼロから軍の構成を考えてたたかう初期のファイアーエンブレムのようなSRPGにしたほうが楽しかったと思います。

おもしろくするためにいれたシステムでしょうが、プレイヤーとしてはシステムに振り回された感があります。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
ハナちゃんさん [2008/02/11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  199人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 1pt 0pt 2pt 2pt
総合点
33pt

GOOD!

・ゲーム性が良い
シミュレーションゲームというよりはパズルゲーム
いくつかの要素(移動力・特殊効果・武器相性・連携)を
うまく組み合わせることによりパズルゲームとして楽しめる。
TCGの手札をどのタイミングで使うのが一番効果的かを
考えている感覚に近い。ゲーム性は楽しめる。
・戦闘や効果などの演出
わかりやすく、みていて楽しい。
・グラフィック
絵柄が流行の感じで親しみやすいのではないでしょうか?

ゲーム部分のオリジナリティは高いが、武器相性等等の
他のゲームにも見られる部分があったのでオリジナリティ4

BAD/REQUEST

1ストーリー
すべてがこれに集約。自国が攻め込まれているのに他国の領土問題や
関連諸国に攻め込む余裕がどうしてあるのか?
意味がわからん。キャラクターの動機付けと挙動がまったくあってない。

個々のエピソードも納得がいかない
・人間に秘宝をとられ人間と敵対する種族に対し、話し合いに行くといって
往生に乗り込み、種族の王を殺してしまう。

・魔女とゴーレムが町をおそっており助けるのだが、
「ゴーレムを操っているやつがいる」的な説明台詞がありながら
魔女を倒そうとすると敵HP1の状態で倒せなくなる。
後のイベント用に生かしておく必要があるのだろう。
単純にゴーレムを全滅させる事が正解らしい。

2・システムとパラメーターの説明不足
説明書を読んでも載っていない事や説明されない数値が多すぎ。
チュートリアルも、不親切。

3・増援等の後付戦力
増援や実はこういう効果のある能力を持ってる敵なんです。
そんな話が多すぎ。パズル的に考えて戦術を練っても
結局行き当たりばったりで力押しになってしまう。

COMMENT

ゲーム部分が良くできているため、思考ゲームとしては十分遊べる。
絵柄や演出が丁寧で好感が持てる。

ただし、キャラクターやストーリーがおかしい為、遊びきることが
できなかった。非常に残念。
このシステムを使って、水戸黄門のように諸国漫遊のたび、
っていうのなら納得いったかも。

良いゲームシステムも、ストーリーや演出によっては駄目になって
しまうんだなあ。と痛感した。

プレイ時間:05時間以上15時間未満(未クリア)
トモショウさん [2008/07/31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  206人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 2pt 1pt 1pt 3pt
総合点
38pt

GOOD!

・タクティカルシュミレーション(TS)RPGにおいて大勢のキャラクターが動くというのは斬新。一応指示も出せるので「戦場で戦っている」という実感が湧きます。

・音楽が攻撃するキャラクターによってテーマが変わるのが芸が細かくて好感が持てます。曲自体の質も高めで結構ほれ込みました。

・リヴィエラの反省なのか、今回はチュートリアルには音声はついておらず結構手早く済ますことができます。他の部分もリヴィエラと比較すると結構快適に進みます。

・ドット絵のキャラクターが愛らしい(特にヴァルキリー)。個人的にはイラストより好きです。

BAD/REQUEST

・システムの不親切さ。新要素が解禁になるたびにいちいち説明してくれるのはありがたいのですが、そういうことは戦闘に持ち込むカードを決める前に教えてほしいです。FFで言うと敵を倒してからライブラが発動するようなもの。本当に意地が悪いです。また、フィールドの情報表示が大雑把で分かりにくいのにいったんそのターンに使用するカードを決めてしまうと変更ができないのもいただけません。確認表示も出ないのでボタン連打で勝手に決まってしまうこともしばしばありました。

・戦闘システム。確かに斬新ではありますが、出てくるキャラクターは某忍者漫画よろしく分身一色。その上モーションも同じ。しばらくすると単調になってきます。しかも要素が少ない。できることといえば攻勢に出るか、守勢に出てスキルゲージをためる、スキルを使うの三つしかない。でも実質使えるのは攻勢とほんの一部のスキルのみ。守勢では簡単にやられてしまうし、大半のスキルは誰それがリーダーでないと使えない、昼間じゃないと使えない、相手が荒地にいないと使えない、こちらが一人にならないと使えないなど規制ばかりな上に、相手がキャンセル攻撃を仕掛けてくるので使えないものばかり。また、要素が少ないためいったん戦闘の優劣が決定すると必ずその通りの決着になるので先が読めてしまいつまらないです。TSRPGの癖に戦略の自由度が低すぎます。悪く言えば『ヴァルキリープロファイル』の戦闘システムをまねして大幅にアレンジしてさらに劣化させたもの。ユニットの構成員(剣士+騎馬戦士など)を変えられるとか、部隊を分割して挟み撃ちにするとか、降参すると見せかけて不意打ちなどもっと多彩な要素を入れれば本当に大化けするシステムなのに。本当に惜しいです。

・ゲームバランス。これが酷すぎます。敵のAIは武器相性も考慮しないまま単独でも突っ込んできたり、効果のない攻撃を繰り返すなど本当に頭が悪い。それを補うためにシステムや展開があからさまに敵に有利なようにできています。以下にそれを列挙します。

1.敵はスキルゲージさえたまっていれば細かい制約無しに発動可能。
2.敵のスキルゲージは何もしなくても上がる上にスキルを使用しない限り下がることがない(プレイヤー側はスキルゲージをためるためには守勢に入らなければならず、攻勢に出るとスキルゲージを消費してしまうが、敵は実質ノーコストで攻勢に出ることができる)。
3.敵は1ターンに複数回戦闘を行える(原則一部隊は1ターンに一度しか戦闘を行えないが、敵は部隊が複数扱いになっているため可能。そのくせプレイヤー側は部隊を分けることができない)。
4.舞台設定が敵に有利なようにお膳立てされている(敵が夜の戦闘が得意だと時時間帯が夜に固定されていたり、やられかけるとすぐさま全く関係のない勢力の敵が出現するなど)。

もはやインチキゲームといっても過言ではないと思います。ここまで酷いと戦闘要素の少なさもあって勝利しても何の爽快感もありません。ただムカつくだけ。プレイヤーがザクに乗った老練パイロットなら、敵はガンダムに乗った幼稚園児です。これでギリギリやや難しい程度の難易度を保っているのが不思議なくらいです。

・敵はゲームの進行条件を満たさないと斃せない(ほとんどの場合初見の敵は撤退扱いになる)。だったら最初から前線に出てくるなと言いたい。ストーリーを進めると後から何度もしつこく襲ってきて本当に歯がゆい。『オリエンタルブルー 青の天外』のようにどこで斃したかによって展開が変われば面白いのに。

・人にもよりますが、中断セーブデータが再開時に削除されない。実質どこでもセーブ可能です。これのせいで緊張感が皆無です。まあ、前述のゲームバランスを補うためにあえてそうしたのかも知れませんが。

・間の抜けたストーリー。王家の人間と盗賊の混成部隊が何の紆余曲折もなく一枚岩になったり、三つ以上の勢力が交じり合っているのに敵の敵は味方というような駆け引きが何もなかったり、明らかに相容れない集団(国軍と山賊団など)がまとめて敵になる常に敵味方二元的な展開ばかりなど、おかしなところだらけ。完全にリヴィエラの二の舞です。いい加減話の稚拙さを「王道」という名前でごまかすのは本当にやめてほしいです。それから、OPムービーであんな大剣を抜き身の状態で抱きかかえながら走る王女は本当にマヌケです。

・相変わらず脇役の声が変。リヴィエラでもそうでしたが、脇役の声優の方が無理して作ったような声でしゃべるので違和感があり過ぎです。

・主要メンバーの三人以外影が薄い。ニーチェなどは本当に出番がないです。そもそも「軍」を率いているのに主要メンバーが少ないせいでちっとも規模の大きさが感じられません。

COMMENT

 好きな声優さんが出ていらしたので購入しましたが、なんだか微妙です。システムは素材は本当に素晴らしいけど煮詰め方が足りないと思います。ストーリーもまだ中盤あたりですが、本当に似たような展開の繰り返しで先が読めてしまいます。いい加減スティングはもっとストーリーに力を入れてほしいです。あと脇役のキャストにも。でもそれ以前に早く新作を出すべきかも知れませんが。

プレイ時間:05時間以上15時間未満(未クリア)
Alさん [2008/02/06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

ユグドラ・ユニオン
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

お知らせ
Switch mk2(Switchのゲームレビューサイト開設しました。皆さまの投稿お待ちしております!)
2019/06/13更新 (2019/06/12投稿分まで掲載)
うたわれるもの PORTABLE

2019/05/14更新 (2019/05/13投稿分まで掲載)
FIFA13 ワールドクラスサッカー

2019/04/22更新 (2019/04/21投稿分まで掲載)
ガンダムバトルユニバース
KING'S FIELD

2019/03/14更新 (2019/03/13投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.5

2019/02/27更新 (2019/02/26投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.4

2019/02/22更新 (2019/02/21投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.3

2019/02/07更新 (2019/02/06投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.2
MISSINGPARTS the TANTEI stories Complete

2019/01/28更新 (2019/01/27投稿分まで掲載)
グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ

2019/01/18更新 (2019/01/17投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.1

2018/12/31更新 (2018/12/30投稿分まで掲載)
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

2018/12/27更新 (2018/12/26投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド

2018/12/03更新 (2018/12/02投稿分まで掲載)
信長の野望・蒼天録 with パワーアップキット

2018/10/10更新 (2018/10/09投稿分まで掲載)
沙羅曼蛇 ポータブル

2018/10/04更新 (2018/10/03投稿分まで掲載)
リッジレーサーズ2

2018/09/28更新 (2018/09/27投稿分まで掲載)
刻命館

2018/09/12更新 (2018/09/11投稿分まで掲載)
熱血親子

2018/08/01更新 (2018/07/31投稿分まで掲載)
三國志IX with パワーアップキット

2018/07/05更新 (2018/07/04投稿分まで掲載)
輸入版:Test Drive Unlimited

2018/06/12更新 (2018/06/11投稿分まで掲載)
アーミー オブ ツー:The 40th Day ポータブル

2018/06/05更新 (2018/06/04投稿分まで掲載)
流行り神3 警視庁怪異事件ファイル

2018/04/25更新 (2018/04/20投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦F 完結編

2018/03/26更新 (2018/03/25投稿分まで掲載)
戦国無双3 Z Special

2018/03/22更新 (2018/03/21投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 -乙女繚乱☆三国志演義- 蜀編

2018/02/13更新 (2018/02/12投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦F

2018/02/01更新 (2018/01/31投稿分まで掲載)
パワースマッシュ NEW GENERATION

2018/01/19更新 (2018/01/18投稿分まで掲載)
サモンナイト5

2018/01/10更新 (2018/01/09投稿分まで掲載)
みんなのGOLF ポータブル2

2017/12/26更新 (2017/12/25投稿分まで掲載)
みちのく秘湯恋物語 kai

2017/12/20更新 (2017/12/19投稿分まで掲載)
街 ~運命の交差点~ 特別篇

2017/12/17更新 (2017/12/16投稿分まで掲載)
グランツーリスモ

2017/11/05更新 (2017/11/04投稿分まで掲載)
ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

2017/10/25更新 (2017/10/24投稿分まで掲載)
沙羅曼蛇

2017/10/21更新 (2017/10/20投稿分まで掲載)
輸入版:Alien Syndrome

2017/09/18更新 (2017/09/17投稿分まで掲載)
セプテントリオン

2017/08/22更新 (2017/08/21投稿分まで掲載)
ECHO NIGHT