このソフトのレビューを書く

太閤立志伝V レビュー

太閤立志伝V
発売元 コーエーオフィシャルサイト
発売日 2009/09/17
価格 5,040円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:リコエイションゲーム
■ プレイ人数:1人

スコアボード

太閤立志伝V評価ランク
中央値
78
難易度
1.67
レビュー数
12

スコアチャート 太閤立志伝Vレビューチャート

太閤立志伝V 購入する


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
8.3%
50-59
0%
60-69
50%
70-79
33.3%
80-89
8.3%
90-100
【60点以上】
91.7%
【標準偏差】
8.61

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  136人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 4pt 5pt 5pt 3pt 1pt
総合点
88pt

GOOD!

以下、4点以上を付けさせていただいた項目についてコメントいたします。

【オリジナリティ:5点】
戦国時代を1人の人間として生き抜き、歴史のifや史実などを楽しめるゲームは私は出会ったことがありませんでしたので、5点とさせていただきました。

また職業毎に世界観がだいぶかわる点も初めての感覚でした。

特に商人は4つの町だけですが、日本以外へマップが広がり、プレイした時は結構感動しました。時間の経過も海外の町へ行く際には国内よりも大幅に経過するようになっていてリアリティがあります。

【サウンド:4点】
何か壮大なオーケストラ的な(ゲームでいうと英雄伝説軌跡シリーズやイースなど)ものでありませんが、それぞれの場面に良く合ったBGMでしかも日本の情緒を感じさせるものなため、音楽による雰囲気作りがとても秀逸です。

【熱中度:5点】
他のレビュアーの方も異口同音でおっしゃっている通り、大量の札(主人公やスキル、称号などを能力エディットする際に自由に使用できるようになる権利のようなものです)集めが、作業感たっぷりなのですが集めたおおよそ100枚毎にできるようになるゲームやオプションが増えるため、飽きずにせっせと集めてしまいます。

特に1000枚を越えると、主人公の能力値やスキルを自由に設定できるエディット機能が解放されるため、ここまでは頑張って集めようというモチベーションが持続します。
(Maxで1260枚らしいです)

【満足感:5点】
他のゲームでもこの項目についてはコストパフォーマンスという観点で点数を付けるようにしておりますが、過去にやってきたゲームの中では飛びぬけてこの満足感が高いです。

理由はやはり職業別でゲームが何度も新鮮な気分で楽しめることや、実際の史実で「この武将がもしこの戦で負けなければ…」と思っていた歴史のifを体験できる点が大きいです。私個人は実際の真田幸村が好きなのですが、関ヶ原の合戦で史実では負けるのですが、勝った場合のイベントがゲームの中にきちんと用意されていたのがかなり感動ものでした。

その他、各キャラの顔が全て違う(860名+モブキャラ多数!)点も楽しめる一因となっていると思います。

BAD/REQUEST

難易度以外で2点以下の項目が無いため、項目にこだわらずに期になった部分をランダムに書きたいと思います。

マップ移動時のカクカクについては他の方もおっしゃっている通りではありますが、プレイヤーの工夫で多少は緩和できます。

まず戦をする時の自拠点から敵拠点までの移動については、なるべく敵拠点に近いところに自拠点を設定し直すといいかもしれません。

もう1点気になった別のBADとしては敵が自分の拠点含めてあまり攻め込んでこないのが少々物足りないです。(難易度が1点である理由です)

例えば、物資を1か所に集めてほとんど兵糧も兵士数も丸裸同然の他の自分の拠点にすら、まずもって攻めてくることがありません。

よって専守防衛という概念はほとんど必要なく、信長の野望や三国志みたいにボロボロになってようやく攻め落とした城の軍備を大慌てで立て直す緊張感は全くありません。

そういう意味で難易度はとても低く、逆を言えば歴史シミュレーションが苦手な方にはとてもなじみやすいです。

COMMENT

PSP3000を使用しました。

既に累積のプレイ時間は200時間を越えたところですが、まだ楽しんでいます。

普段はRPG(英雄伝説軌跡シリーズ、イースシリーズ、テイルズシリーズ)を中心にプレイしていることが多いですが、このゲームもある意味RPG的な要素もあるため非常に楽しんでいます。

パッケージが何となく地味で発売当初は敬遠していましたが、完全な「食わず嫌い」でした。

戦国時代に少しでも興味があり、歴史シミュレーションはちょっと敷居が高いかな、と思う方にはとてもおススメです。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
Roid86さん [2013/05/14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  133人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 4pt 5pt 5pt 2pt 1pt
総合点
84pt

GOOD!

【オリジナリティー】
戦国時代を、一個人として生き抜く。誰でも思いつきそうなコンセプトですが、このゲームの場合出来ることが膨大、出てくる人物も膨大、イベント数も膨大。なのでそれらが重なり合い影響し合って、一回のプレイごとに様々に形を変えていきます。
たとえば最初のプレイでは大勢力に攻め滅ぼされていた小勢力が、次のプレイでは大勢力を平らげて天下に覇を唱えていたり、寿命で死ぬはずだったあの人が生きながらえていたり。シミュレーションであるとともにライフゲーム的な楽しみ方もできるのがこのゲームの面白いところです。
また技能の修得や、主命の達成に多種多様なミニゲームが関わってくるあたりも個性的です

【グラフィックス】
人物の立絵は信長の野望などと同様リアル調で私の好みに合っていました。大きなイベントが起きた時の一枚絵も良かったです。
また、コマンド選択時の花札を意識した扉絵もセンスがあると思いました

【音楽】
すごくキャッチ―なメロディーがあるとか、CDにして売ってもいいぐらい!ってほど良いわけではありませんが、場面にあった、耳に心地のいい邪魔にならない、でも妙に頭に残る音楽が流れます。特に合戦シーンとマップ移動の時のBGMは現実の移動中などに良く口ずさんでしまいます。

【熱中度】
忙しい人や、受験勉強中の人にはちょっと勧められません。私の少ないゲーム遍歴の中でも一、二を争う時間泥棒ゲーです。
私は非常に飽きっぽい人間で、集中力もあまりないので、同じゲームを何十時間もやり続けたり、あまつさえ徹夜したりなんてことはできません。その私が購入してから立った三日間で四十時間あまりプレイしてしまったのが太閤?です。
とにかくテンポが良くて、十分に一回は何かしらのイベントが起きたり、または閉塞状況を自分で打開したりするので、やめどきが見つからず、気が付いたらウン時間たっていたということがざらにあります

【満足感】
このゲームには技術、地名、人物など様々な役割を持った1200枚の札が出てきて、それをコンプリートすることが一つの目標となっています。ちなみに主人公としてプレイすることができるようになる主人公札は860枚あります・・・
 この一事だけでもこのゲームの持つ馬鹿げたボリュームを推測していただけるのではないでしょうか。自分の好きな有名武将でプレイするだけでも大満足ですが、さらにパラメータ、グラフィック、列伝などを好きに決められる新武将を四十人登録できるので、本名で浪人プレイをするも、信長の末娘という設定を追加して女だてらに戦で活躍するのも自由自在。イベントも本当に膨大で、オリジナルのPC版発売から八年余りたった現在でさえ、未発見のイベントが見つかったとの報告が上がるほどです。私自身、まだ300枚程度の札しか収集できていず、コンプリートにかかる時間を想像すると空恐ろしくなります。

BAD/REQUEST

【快適さ】
このゲーム最大の問題点は、ロードの長さとマップ移動時のカクカクです。セーブデータロード時に入る十五秒程度のロードは、リセット&ロードを著しく不快なものにするので、重要な個人戦や合戦に負けた時以外は行う気になりません。
 また、マップ移動のカクカクは、たとえば東海地方の長浜城から九州の島津を攻めるときなど、遠方に攻め込むときに最も気になります。だいたい二秒に一回ぐらいの割合で進軍が止まり、0,5秒ほどでまた動きだす。これが連続して続きます。敵に自城を攻められて、早く援軍を到着させなければいけないときなどにこれが起きると非常にイライラします

COMMENT

北条氏が武田徳川滅ぼして大帝国を築いた
尼子氏が毛利氏を滅ぼした
織田が今川にさっさと潰された

 こういった歴史のifが頻繁に起こり、その渦中に一個人として放り込まれる私。身分の低いうちは地味に殿の主命をこなす毎日。合戦で第一功を取ったり、軍資金を物資転用で増やしたり、貿易で大儲けして調子に持って用心棒も付けずに街道を歩いていたら山賊に身ぐるみはがされたり。成功失敗織り交ぜつつ、やがては一国一城の主として、部下に主命を出す立場になり、果ては大大名として上洛し、天下に覇を唱える・・・
 また、忍者として闇の人生を生きたり、酒場で博打に精を出したり、医者として民草の力になったり、商人として商売に精を出し、全国の販路を握り、海外貿易をおこなう・・・
 
 とまあ、こんな感じで、プレイヤーの想像、試み次第でいくらでも面白くなる、一種の戦国箱庭ゲーです。疑似MMORPGといってもいいかもしれない。
 歴史好きな人は買って損ないと思います。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
kenさん [2011/08/03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  133人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 5pt 4pt 2pt 2pt
総合点
74pt

GOOD!

・職業が多い
武将・商人・海賊・忍者・剣豪など、多くの職業が用意されています。
信長の野望では、1周終えると別の勢力を選ぶという選択肢しかありませんが、本作ではそれに加えて、別の職業を選ぶという選択肢もあります。

・できることが多い
交流する武将や購入する特産品などについて領地などによる制約がなく、プレイの初めごろは強い仲間を全国を巡るだけでいつの間にか時間が経ってしまいます。
また、君主プレイでは施設、作品によっては数字でしかない町の中に入って寺や宿屋に訪れるというのも個人プレイならではの面白さです。

・プレイしやすいシステム
やれることが多すぎて初めは何をすればいいのか分からなくなりますが、とりあえず新しいことを行おうとする時には誰かが手順を説明してくれます。
内政や修行も簡単なミニゲーム形式で、内政の助けとなるカードも存在するので、人によって時間はかかるかもしれませんが何もできなくてイライラするということはまずないでしょう。

BAD/REQUEST

・重い
このゲームの最大の不満点はここでしょうか。
「特定の行動が必ず重い」というのではなく、どのようなタイミングでもいきなり重くなることがあり得ます。
雨の時の攻城戦と月が変わる時はほぼ確実にゲームがスローになります。

・個人戦がインチキっぽい
やり方が悪いのかもしれませんが、それを差し引いても普段は裏をかくような行動をしてくる武将が、こちらが防御や秘技で動かない時だけ真っ直ぐこちらに向かってくることが体感的にかなり多いです。
分身を使った際には間違いなく本物の武将を見つけて追い回してきます。
このため、個人戦がメインの剣豪プレイはなかなかやりたいとは思えないです。

COMMENT

太閤立志伝シリーズ及び個人武将プレイは初めてなので、勢力プレイの信長の野望シリーズとの比較が随所に見られますが、総合的には一長一短ですね。ただし、どちらも「面白いゲーム」というハードルをちゃんと越えたうえでの話ですが。

最初は下っ端で主命を受けるだけだったのに徐々にできることが増え、ついには部下を持って自らが主命を与えるという立場になるのは、官位1つで地位が決まるのとは出世の実感が全く異なります。
武将を登用するのも自分で足を運び、茶席や贈り物で友好度を上げ、何度も説得してようやく仕官してもらえるので、配下への愛着もこちらの方が断然上です。

しかし、戦闘は基本的にひたすら門を殴るor総大将に突撃するということの繰り返しなので、戦争をして全国統一を行うのがメインなら、勢力プレイの信長の野望の方が面白いだろうと思います。

結論としては、ある特定の人物やその配下の一団が好きだったり、武将や町人といった様々な人間と直接ふれあいたいといったミクロな視点でプレイしたい方に特にお勧めです。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
mofさん [2011/05/30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

太閤立志伝V
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

お知らせ
Switch mk2(Switchのゲームレビューサイト開設しました。皆さまの投稿お待ちしております!)
2017/04/24更新 (2017/04/23投稿分まで掲載)
新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド 特別編 ポータブル

2017/04/11更新 (2017/04/10投稿分まで掲載)
2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会

2017/04/08更新 (2017/04/07投稿分まで掲載)
ガンダムバトルユニバース

2017/03/27更新 (2017/03/26投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 ?乙女繚乱☆三国志演義? 魏編

2017/03/11更新 (2017/03/10投稿分まで掲載)
ファイナルファンタジーIX(FF9)

2017/03/01更新 (2017/02/28投稿分まで掲載)
マクロスアルティメットフロンティア

2017/02/27更新 (2017/02/26投稿分まで掲載)
ピポサルアカデミ~ア -どっさり!サルゲ~大全集-

2017/02/20更新 (2017/02/19投稿分まで掲載)
遠隔捜査 -真実への23日間-

2017/02/15更新 (2017/02/14投稿分まで掲載)
ナノダイバー

2017/02/14更新 (2017/02/13投稿分まで掲載)
視て聴いて脳で感じてクロスワード天国

2017/01/22更新 (2017/01/21投稿分まで掲載)
ちっぽけラルフの大冒険

2017/01/18更新 (2017/01/17投稿分まで掲載)
ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印

2016/12/22更新 (2016/12/21投稿分まで掲載)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable

2016/12/03更新 (2016/12/02投稿分まで掲載)
ディスガイア インフィニット

2016/11/25更新 (2016/11/24投稿分まで掲載)
煉獄 The Tower of Purgatory

2016/11/24更新 (2016/11/23投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 ―乙女繚乱☆三国志演義― 呉編

2016/11/16更新 (2016/11/15投稿分まで掲載)
ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産

2016/11/07更新 (2016/11/06投稿分まで掲載)
世界はあたしでまわってる 光と闇のプリンセス

2016/11/06更新 (2016/11/05投稿分まで掲載)
クラシックダンジョンX2
戦国BASARA クロニクルヒーローズ