このソフトのレビューを書く

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 レビュー

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
発売元 アトラスオフィシャルサイト
発売日 2010/04/22
価格 6,279円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:學園ジュブナイルアドベンチャー+RPG
■ プレイ人数:1人
■ ダウンロード版:4,980円

スコアボード

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚評価ランク
中央値
76
難易度
2.07
レビュー数
14

スコアチャート 東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚レビューチャート

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 購入する


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
7.1%
40-49
14.3%
50-59
0%
60-69
50%
70-79
14.3%
80-89
14.3%
90-100
【60点以上】
78.6%
【標準偏差】
12.34

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  221人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 4pt 4pt 4pt 3pt 1pt
総合点
80pt

GOOD!

引き込まれてしまうストーリーと魅力的なキャラクターで、
ついついやめ時を見失ってしまいました!

花札と連続撃破ボーナスを用いた、一人称視点ながらタクティカルかつ
爽快感溢れる戦闘は、戦闘に飽きが来ない秀逸なシステムだと思います。

が、それ以上に印象に残ったのはダンジョンのビジュアルですね。
本作では、日本史に沿ったダンジョン構成に、加え花札が表す季節や、
植物がモチーフになっているのですが、その2つが組み合わさったことで、
今までに無い幻想的かつ、「和」なイメージを生み出していると思います。

個人的には、和のモチーフは大神などの「筆」の印象が強く、
コンセプトに和を持ってきた辺りで、ビジュアル的には
分の悪い勝負だろうと思っていただけに、良い意味で裏切ってもらえました。

BAD/REQUEST

楽しかったからというのもありますが、ボリューム不足に感じました。
もっと、このストーリーを楽しんでいたかったという気がします。

ダンジョンについては見た目は秀逸なのですが、
後半にいくにつれて、ギミックの使いまわし感が強く感じられたので、
その点は前作の九龍妖魔學園紀位に濃くしてもらえて良かったと思います。
序盤は色々と面白いギミックが多かったのですが・・・。


碑文のヒントが無かったのも、マイナス評価ですね。
自分で悩むのではなく、やってみたら解けた、という印象が強いです。

花札を使った戦闘は非常に面白かったですが、一部の札がバランス崩壊を
引き起こす位に強かったので、この辺りは次作があれば見直してもらいたいです。
せっかく面白いシステムだっただけに残念感が残ります。

面白いゲームだっただけに、細部の問題が目についてしまいますね。

COMMENT

総評としては、久しぶりに熱中できるゲームに出会えたと思います。
前作よりも難易度もゆるくなったので、初心者の方にもオススメできる
良作になっていると思います。

今井監督が関わっていないという点で、
正直大丈夫なんだろうかと思っている方……。
実際ケレン味は薄くなっているのは否めないです。

ただ、その分遊びやすくゲーム性が向上している部分も多くあるので、
単純比較は難しいですね。

購入を迷うレベルの方ならば、買っておけ! と強くオススメしておきます(笑)


売り上げ面で心配ではありますが、アトラスさんには
このシリーズについて今後も長く続けていって欲しいなというのが正直な感想です。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
森本オレさん [2010/06/24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  217人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

【オリジナリティ】
多くの方が挙げている過去作品をプレイしたことがないので、感情入力
システムも新鮮でした。花札を用いたバトルも日本ぽくて良かった。

【グラフィック】
2Dの背景、キャラの立ち絵ともにキレイだと思います。キャラデザインも
何かに媚びてる感じもなく、設定も暑苦しいキャラはいますが許容範囲。

【サウンド】
久々に頭の中でループする曲を聞いた感じです。日本人だからなのか
「和」に癒されます。

【熱中度】
謎解きも比較的簡単なので詰まるところもなく、寄り道しなければ
さくさく進みます。ですがエンディングまで思いのほか時間をくって
ました。それなりのボリュームです。

BAD/REQUEST

【ダンジョン探索】
ギミックが簡単すぎかと。あるアイテムを取って、扉を開けたら次の
部屋にもうそのアイテムを設置する場所があったり。バイオハザード
以下の難易度。

【バトル関連】
花札の使い勝手に偏りがあり、また特定の花札の武器強化が強すぎて
終始同じ戦法を使ってました。これだけボスでノーダメージなRPGは
初めて。加えてザコ敵が、弱点が分かったやつが後半に色変えで登場し
弱点も同じのためバトルが単調になった。

【快適さ】
許容範囲ですが、キャラの立ち絵がかなりゆっくりフェードインして
くるとか、クエスト受けるタイミングで何故か逐一ボイスが入っている
とか、微妙にイラっとくるところがあります。

【アドベンチャー】
いつでもセーブできるわけではないので、好感度を上げるために偏った
選択肢を選ぶことになり、変な受け答えをした時のリアクションを
楽しめなかった。また個別に話しかける場合、会話の内容は2回までしか
変わらないところが寂しい。

【マルチエンド】
かなり慎重に進めていても最終話に分岐する選択肢が出なかった時に絶望
した・・・。しかも直近からは修復不可で、Wikiにすら正確な到達条件が
載ってない極悪仕様。当然未回収の謎あり。

COMMENT

さすがアトラス。総合的には良質なRPGだと思います。
しかしながらそこはアトラス。昔に比べキャラデザインが今風になって
いるとはいえ万人受けはしないかもしれません。
ブラッシュアップすればとんでもないゲームに化ける。
あと、タイトルをもっと読みやすいのにしたらいいのに。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ゴンさん [2010/06/03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  225人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 5pt 5pt 5pt 4pt 1pt
総合点
95pt

GOOD!

九龍クリア済みです。前作と比較しながら評価させていただきます。

まず、満点項目から。

【オリジナリティ】
九龍の時もそうだったが、リアリティが相変わらず高い。
もはやアトラスゲームでは常識だが、渋谷や新宿といった、実際にある場所を舞台とするのは、雰囲気が出て、最高に素晴らしい。
そこにジュブナイルという+α。更に、今回は「花札」をモチーフにしたストーリー展開と戦闘が繰り広げられる。こんなゲーム他にあるだろうか。
その世界観に、”主人公=自分”で遊ぶことができる。
まさに、ロールプレイングのジャンル分けにふさわしい。
他ゲームメーカーには真似出来ないコンセプトを確立させることに成功している。
どの点数が低くても、オリジナリティだけは満点だと言い切ることができる。

【サウンド】
上記に記した雰囲気満点の世界観にピタリとはまっている。
今回は、「和」をテーマにしたBGMが多く、「琴」や「三味線」といった、
日本楽器の綺麗な音色が多く使われている。
少し前に、「三味線」を使った兄弟アーティストの人がテレビで語っていたが、
「日本人は少なからず日本楽器に好意を持っている。それは、日本人としてのDNAが、前世より受け継いできた証だ。」と、言い切っていたが、なんとなくその言葉を思い出した。
それくらい出来が良い。
戦闘はもちろんだが、夜の自室で流れるBGMは、垂れ流しにしていたいくらい癒される曲だった。
よって満点。

【熱中度】
九龍より受け継がれたクエストシステムは健在。
自動生成の為、無限に請け負うことができる。
クエストは謎解き要素があり、それも種類が多いので、飽きもなく楽しめる。
寧ろ、謎解きを解読できた瞬間から、クエストの達成が楽になる分、嵌る人はここから嵌る可能性も否定できない。
アイテムの販売価格がそれなりに高いので、お金が多く必要となるのだが、
苦もなくお金稼ぎができ、止め時が無くなってしまった。
また、クエストだけでなく、ストーリーやキャラの掛け合いの楽しさも良い。
二つの熱中度の根源のおかげで、話を早く進めたいが、クエストもこなしてアイテムを買いたいという、嬉しい葛藤に駆られてしまった。よって満点。

【満足度】
以上の3つの満点と、更に下へと続くGOODポイントを総じて、満足度も満点。


・魅力的なキャラ
狙いすぎでないキャラの立ち絵と設定は相変わらず良い。
(一部狙った口調で話すキャラもいるが...)
今回も前作通り、熱血キャラ、元気キャラ、色気キャラ、硬派キャラ、変態キャラといった全てのタイプがいる。
熱中度のポイントに書いたが、濃いキャラ同士の掛け合いが面白い。
更に、前作では不評だった仲間になる為のフラグもある程度緩和されているのか、
仲間がどんどん増えていくので、誰をダンジョンに連れて行くか迷うことも、
個人的に少なくなかった。

・前作より爽快感の増した戦闘
攻撃によるレスポンスが前作よりも遥かに向上している為、サクサクと戦闘を進められる。
更に、今作は普通の武器攻撃の他に「花札」という特殊なシステムが加わっている。
これは、単純にフィールドに設置できる罠のようなものなのだが、なかなか奥が深い。
単純にダメージを与える、敵or自分を吹っ飛ばす、ステータス異常無効or付与などなど、
効果が様々で、シミュレーションRPGの要素なので戦略性が増した。
また、上記に「普通の武器攻撃」と記述しているが、この世界での「普通の武器」とは”剣”や”銃”ではなく、”文房具”やスポーツ用品で戦う。
このままでも戦えなくはないが、ボス戦は難易度が高めに設定されているので、
難しい人には難しく思われる。
そこで、「札強化」という戦法が使える。
普通だと、単純に攻撃力上昇の効果だったりするのだが、
組み合わせによってはただの文房具を伝説の武器に姿を変えることもある。
特殊な組み合わせにより姿を変えた武器を使えば、戦闘は一気に戦いやすくなる。
組み合わせ探しも楽しみの一つとなった。

・充実した単語辞書
独特な世界観の為、難しい単語が屡登場する。
だが、それに伴い、辞書システムもかなり充実しており、基本的にいつでも閲覧が可能なので、
話に置いてけぼりにされることがない。

BAD/REQUEST

・OPの敷居の高さ(?)
恐らく、誰しもが思うこと。OPが合っていない。
歌唱力が低い、とかでなく、単純に合っていない様な気がしてならない。
九龍の様なノンボーカルでカッコいいメインテーマを期待していただけに、非常に残念だった。
私の場合、このゲームが好きになったおかげか、2?3回聞いたところでなんとなく慣れたが、
これで一気に興冷めするユーザーも少なくないかもしれない。

・戦闘が簡単
前作が難しい、もしくは、花札システムが強力すぎたのか、
経験者的に今作は難易度が低かった。
アトラス独自の鬼レベルの難易度を、どこかで残して欲しかった。

・連れて行けるバディは2人のみ
こんなにも魅力的なキャラが揃っているのに、
前作同様、2人だけしか連れて行けないのは勿体無い。
最低でも、あと一人のバディスロットを設けて欲しいと切に願った。

・バディキャラのパッシブスキル廃止
表題の通り。何故廃止したのか疑問で仕方がない。

COMMENT

九龍の世界観に見事に嵌り、数日で苦もなくクリア。
その後いつ続編が来るのかと心待ちにしていたファンの一人です。

世界恐慌のせいで、もはや続編は絶望的かと諦めていた心境での発売。
こんなに嬉しいことはありませんでした。

前作より落ちた点がほんの少しありましたが、その何倍も、今回はレベルが上がっています。
楽しい作品です。

PSPはモンスターハンター専用機だった自分が、
2時間以上続けてそれ以外のゲームをプレイするなど、初のことでした。

次回は是非、据え置き機で発売をして欲しいです。
楽しみにしています。

プレイ時間:わからない(未クリア)
syuuさん [2010/05/23 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

お知らせ
Switch mk2(Switchのゲームレビューサイト開設しました。皆さまの投稿お待ちしております!)
2019/10/15更新 (2019/10/14投稿分まで掲載)
信長の野望・烈風伝 with パワーアップキット

2019/11/12更新 (2019/11/11投稿分まで掲載)
大戦略VII エクシード
サモンナイト3

2019/08/31更新 (2019/08/30投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦α

2019/08/24更新 (2019/08/23投稿分まで掲載)
英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女

2019/06/13更新 (2019/06/12投稿分まで掲載)
うたわれるもの PORTABLE

2019/05/14更新 (2019/05/13投稿分まで掲載)
FIFA13 ワールドクラスサッカー

2019/04/22更新 (2019/04/21投稿分まで掲載)
ガンダムバトルユニバース
KING'S FIELD

2019/03/14更新 (2019/03/13投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.5

2019/02/27更新 (2019/02/26投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.4

2019/02/22更新 (2019/02/21投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.3

2019/02/07更新 (2019/02/06投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.2
MISSINGPARTS the TANTEI stories Complete

2019/01/28更新 (2019/01/27投稿分まで掲載)
グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ

2019/01/18更新 (2019/01/17投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.1

2018/12/31更新 (2018/12/30投稿分まで掲載)
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

2018/12/27更新 (2018/12/26投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド

2018/12/03更新 (2018/12/02投稿分まで掲載)
信長の野望・蒼天録 with パワーアップキット

2018/10/10更新 (2018/10/09投稿分まで掲載)
沙羅曼蛇 ポータブル

2018/10/04更新 (2018/10/03投稿分まで掲載)
リッジレーサーズ2

2018/09/28更新 (2018/09/27投稿分まで掲載)
刻命館

2018/09/12更新 (2018/09/11投稿分まで掲載)
熱血親子

2018/08/01更新 (2018/07/31投稿分まで掲載)
三國志IX with パワーアップキット

2018/07/05更新 (2018/07/04投稿分まで掲載)
輸入版:Test Drive Unlimited

2018/06/12更新 (2018/06/11投稿分まで掲載)
アーミー オブ ツー:The 40th Day ポータブル

2018/06/05更新 (2018/06/04投稿分まで掲載)
流行り神3 警視庁怪異事件ファイル

2018/04/25更新 (2018/04/20投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦F 完結編

2018/03/26更新 (2018/03/25投稿分まで掲載)
戦国無双3 Z Special

2018/03/22更新 (2018/03/21投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 -乙女繚乱☆三国志演義- 蜀編

2018/02/13更新 (2018/02/12投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦F

2018/02/01更新 (2018/01/31投稿分まで掲載)
パワースマッシュ NEW GENERATION

2018/01/19更新 (2018/01/18投稿分まで掲載)
サモンナイト5

2018/01/10更新 (2018/01/09投稿分まで掲載)
みんなのGOLF ポータブル2

2017/12/26更新 (2017/12/25投稿分まで掲載)
みちのく秘湯恋物語 kai

2017/12/20更新 (2017/12/19投稿分まで掲載)
街 ~運命の交差点~ 特別篇

2017/12/17更新 (2017/12/16投稿分まで掲載)
グランツーリスモ

2017/11/05更新 (2017/11/04投稿分まで掲載)
ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

2017/10/25更新 (2017/10/24投稿分まで掲載)
沙羅曼蛇

2017/10/21更新 (2017/10/20投稿分まで掲載)
輸入版:Alien Syndrome

2017/09/18更新 (2017/09/17投稿分まで掲載)
セプテントリオン

2017/08/22更新 (2017/08/21投稿分まで掲載)
ECHO NIGHT