英雄伝説 碧の軌跡

発売元: 日本ファルコムオフィシャルサイト 発売日: 2011-09-29 価格: 6090(税込) レーティング: 【B】12才以上対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 76 Amazon点数: 3.6

スコアーボード

英雄伝説 碧の軌跡レビューチャート 標準偏差 14.89 (難易度) 2.24 mk2レビュー数 55
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
1.8%
30-39
7.3%
40-49
9.1%
50-59
18.2%
60-69
25.5%
70-79
23.6%
80-89
14.5%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
435人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

システムに目新しさや斬新なものは無いですが、前作までの不満点をしっかりと解消し且つ既存のゲームバランスを崩壊させない程度に新要素を入れるなど正当進化と呼ぶに相応しい内容の続編です。
アーツや一斉攻撃のスキップ実装や、導力車のお陰でMAP移動が前作までと比較して格段に楽になる等、快適さもしっかりと改善されています。
背景の書き込みも相変わらず素晴らしく、ドッドという観点で見ればPSP最高峰と言っても過言ではありません。

また前作で個人的には最大の不満だったシナリオも今作は非常に楽しめました。
クロスベルが置かれている環境や周辺国の思惑などをキッチリとストーリーに組み込んでおり
序盤から大きくストーリーが展開され、先の展開が気になる構成になっていたのは素晴らしいの一言。
行動できる範囲はクロスベル周辺と狭いですが、今まで出番が少なかった帝国の台頭など物語のスケールが広がった事により世界観の狭さは感じません。
また前作と比較すると主人公の葛藤や苦悩、そして困難に立ち向かう描写もかなりしっかりとしてます。
まぁ勝手に自滅するようなマフィアと一部の方々を≪壁≫と称し、さも自分達がそれを苦労の末自力で乗り越ええたかのように語る前作が酷かったってのも有るんでしょうが。

BAD/REQUEST

戦闘のシステムの根幹が7年前に出た『空の軌跡FC』となってるだけあって、やはり古臭さを感じざるを得ません。
軌跡シリーズとしては5作目となるだけあってマンネリ気味なので、欲を言えばもう少し思い切った新要素が欲しかったなぁと思います。
アーツとクラフトが強力過ぎて通常攻撃とのバランスがイマイチとれてない点や、サポートクラフトがランダム発動な上、効果も空気過ぎて戦略に組み込みにくい点もやや気になりました。

あとサブクエストが豊富なのは良いんですが、おつかい要素が強すぎる気がします。
特定のサブクエストをこなすとメインシナリオに変化を与える等、もう少し達成感が有れば楽しめるんじゃないかと思いました。

シナリオにも幾つか不満は残ります。
まず軌跡シリーズにおいて重要な位置付けにいる結社がいまいちストーリーに組み込まれてないのが一つです。
発売前には幻焔計画の謎が明らかになる等と宣伝しておきながら結局は幻焔計画が何だったのか全く不明のまま物語が終わり、
初めて登場した使徒についても正直登場しただけで物語にはあまり絡まなかった印象が強く、正直物足りなさを感じました。
また前作でも感じたことなのですが、キーアの存在が物語の中核になっているにも関わらず肝心のキーアの描写が不足している気がします。
終盤はキーアが基軸として物語が展開するのですが、前作では終盤に出てきただけで出番が少なく、今作では終盤までメインシナリオに殆ど絡まないキーアを中心にされてもちょっと…という感じです。
キーパーソンならもう少し出番があっても良かったんじゃないでしょうか?
あと事件の黒幕は意外性重視という感じがして微妙でした。
こういうのはもう少しシナリオに含みを持たせないと面白く無い気がします。
FCの教授とかは一応筋も通ってたし面白かったんですがねぇ。

あと発生頻度はそこまで高くないものの、偶にフリーズや進行不能になるようなバグも発生します。
最終章でキャラ表示がおかしくなるバグなどもあり、ややデバッグが雑な気がします。

COMMENT

軌跡シリーズファンなら買って損は無い出来です。

が、続編前提で延々と作品を作り続けるスタイルはいい加減止めて欲しいなぁと。
次回作あたりでスパっと決着をつけて頂きたいものです。

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
れじさん[2011-10-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

449人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 3pt 4pt 2pt 4pt 1pt
総合点
62pt

GOOD!

軌跡シリーズはPSP版空の軌跡全て、前作零の軌跡クリア済みです。
そのため空の軌跡との比較が多いレビューとなることをあらかじめお断りしておきます。

・ストーリー
最初はちょっと間延びした展開が続きますが、三章後半から一気に加速かける感じがして目が離せなくなります。
軌跡シリーズで毎度素晴らしいと思うのはちゃんと謎が明らかになるまでにヒントになるような展開やら会話やらをちょこちょこ入れているということ。
そのためいざ謎が解明されるときに唐突さが抑えられており、すんなり理解できる。
この丁寧さは本当に素晴らしい。
しかしそれだけにEDが……これについてはBADで。

また、軌跡シリーズの傾向として非常に優れた人物がたくさん出てきますが、彼らもあの世界の住人である以上各々の立場と制約の下で動かざるを得ず、その優れた力をもってしてもなかなか事態は思うようにならないという、そのあたりのもどかしさやリアルさが良いと思っています。
零/碧の軌跡はクロスベルという特殊な地域であるということ、また碧では大国の脅威がさらにはっきりと描写されているため、特にそういう感じを強く受けました。
様々な思惑が錯綜する中で、大切な人のために頑張るという非常にシンプルな目的で動く特務支援課メンバーたちの姿は本当に清々しく眩しく映ります。

・新キャラ参戦、旧キャラ登場
ワジやノエルが参加してくれたため人間関係に微妙な変化が訪れました。
それでも基本的に和気あいあいと仕事に励む感じで微笑ましい。
特にノエルの参加が嬉しい!バトルでの使い勝手がとても良くてほぼ前線に出しっぱなしでした。
代わりにエリィにはほぼサポートキャラに徹してもらってしまいましたが……。

空の軌跡から懐かしいキャラがたくさん出てきます。また過去作の音楽がアレンジして使われていたりしてニヤリとさせられます。
オリビエは相変わらずちゃらんぽらんな一方で苦労してるみたいだし、クローゼは本当に立派になったし、彼らが特務支援課メンバーと話しているのを見るだけで楽しいですね。
ケビンとリースが出てきたのも嬉しかった。出来れば一瞬でもパーティに参加して欲しかったですね。

顔グラフィックのない町や村の人たちにも基本的にきちんと名前があり、それぞれの人生を送っています。
進むにつれて人間関係や考え方に変化が訪れたり、成長したりとちゃんと物語が用意されているのが素晴らしい。
誰がどういう人物かわかっていると、思い入れも生まれるし依頼も頑張って達成しようという気になれる。
また彼らと接することによってクロスベルの社会政治文化への知識が深まり、クロスベルという架空の地域にリアリティを感じることができるようになります。
個人的に、空の軌跡から見守り続けてきたある夫婦の来訪とそれにまつわるエピソードはびっくりしたし、嬉しかったですね。
まさかこの人とこう繋がるとは!と思いました。

・名称のわかりやすさ
今作は話の流れ上、国や組織がたくさん登場しますが、どんなにでてきても混乱しないよう非常にわかりやすい名称になっています。
例えば「公国」といえば「レミフェリア公国」のことですし、「教会」と言ったら「七耀教会」のことです。
被っていたり紛らわしい名称がないので省略してもちゃんとわかるようになっている。
地味ですがとても大事なことだと思います。

・バトルのテンポの良さ
バーストやマスタークオーツはどうしてもダレがちなバトルをさっさと終わらせることが出来てとても良い。
始終こちらが有利に戦えるので緊張感がなくなったともいえますが、私はストーリーに集中したいのでこのシステムはとてもありがたかった。

・美しく細部までこだわったビジュアル
水の揺らめきや光の表現が美しいファルコム作品ですが、今回は前作よりも美麗さはUPしたのでは?
特にラストダンジョンはしばらく立ち止まって眺めてしまうほど幻想的な美しさです。360度視界が回転できないのがもどかしいくらい。

町並みや家々の内装もそれぞれの地域特有の美しさや生活感に溢れています。
特に、特務支援課メンバーの部屋は各々の性格や趣味をよく現したインテリアで統一されており見ていて楽しい。
家具を全部そろえるとちょっとしたイベントが見られるのも嬉しい。

・自動車が使えて移動がさらに楽々
零ではバスが使えましたが別の地域に行きたい場合一度はクロスベルに戻る必要がありました。今作では行きたいところを指定すれば車で直行できます。

BAD/REQUEST

<システム>

・数々のバグ
私の場合、複数いるはずのキャラが何故かロイド一人になったり話をしているキャラの名前が全員ロイドになったり、ラストダンジョンのエレベーターの下に挟まって動けなくなったりしました。
幸い私はセーブをまめにする方なのでロードすることであまりプレイ時間を損することなく解決しましたが、これからプレイする方はお気をつけ下さい。

・クオーツや装備品のキャラ同士の比較がしにくい
たとえば今装備中のアクセサリーAをアクセサリーBに取り替えようとします。
カーソルがアクセサリーAにあっているときはRボタンでキャラ同士のページ切り替えが可能ですが、同じ画面でアクセサリーBを選んだ状態ではそれができません。
アクセサリーBは誰につければ一番数値がUPするのか、あるいは誰につければパーティ全体の弱点を補えるのかがわかりづらいのです。
アクセサリーBにカーソルが合った状態でぱっぱっとキャラ同士のステータス画面の切り替えができるとなお良かった。

・アイテムの数がわからないケースがある
「料理材料を買うときその材料を必要とする料理の一覧は表示されるが、必要な数量が表示されない」
「お地蔵様にお供えする時、魚屋に魚を渡す時の手持ちの料理や魚の個数が表示されない」
……など、微妙に不便でした。
これについては前作もそうだったので改良して欲しかったですね。

・演出カットが中途半端
アイテムを使うときの演出もカットできるようにしてほしかった。
例えばアナライズの魔法は演出カットができるが同じ効果のあるバトルスコープを使うとカットができません。

・バトルでカットイン時とステータス画面のキャラクターを描いてる人が違う
バーストやSクラフト発動時などに入るイラストと、ステータス画面や会話画面の吹き出しの中にあるイラストを描いている人が違います。
前作のエナミカツミさんの華やかな感じが好きだったのでとても残念。
同じキャラクターが出ているんだから使い回しでいいのに……。まあそのうち慣れますが。

・音楽がパワーダウン
相変わらず演出が素晴らしく気持ちを盛り上げたり不安にさせたりしてくれますが、軌跡シリーズ私的音楽最高峰空の軌跡3rdを越えるまでには至らなかった。
また零からもパワーダウンした気がします。特に通常戦闘はこれまでの軌跡シリーズで一番頭に残りませんでした。
印象的だったのは終盤の物悲しさを感じる街の曲、ラストダンジョンでしょうか。

・クリア後の引継ぎがポイント制
クリア時に実績によってポイントがもらえ、それを使うことによって周回プレイ時に有利な要素が引き継ぎできたり、ムービーやキャラクターのイラストなどが閲覧できたり、様々な項目が解放できるわけですがこれが結構コストがかかる。
多分周回プレイする人はステータスやアクセサリー引継ぎやらを優先し、そうでない人はお楽しみ要素のムービーやらキャラクターやらを選んでねってことなんでしょう。
でもただでさえ時間と手間がかかるゲームなんだからもうちょっと楽に周回プレイできるようにしてくれても良かったのでは?
問答無用で1周目の要素を全部引き継いじゃうと難易度選ぶ際の妨げになりそうだからそれは避けるとして……。
せいぜい「強くてニューゲーム」を何種類か用意(例えば「レベルは引き継ぎ、アイテムは引き継がない」、「レベルもアイテムも引き継がない」みたいに)し、その後難易度選ばせるって程度で良かったのでは?
周回プレイさせたい意志は強く伝わってくるけど、あれじゃ面倒くさすぎてどうにも腰が重くなってしまいます。

<ストーリー、演出>

・アルカンシェルの舞台が見られない
零では断片的にしか見られず残念に思っていました。
今作はリニューアルもしたし街の人も楽しみにしてたし、今度こそフルで見られるかと期待してたのにまさかほぼ描写なしとは……。

・エニグマ電話がしつこい
多分プレイされた方はよくわかると思いますが、何か重要な話をしているときにエニグマ電話がかかってきて気になるところで中断っていうパターンがあまりに多いです。
そのくらい忙しいし便利なアイテムってことなんでしょうけど電話がかかってくるたびに「またかよ!」と思いました。

・消化不良かつ描写不足な終盤からED
ラストダンジョン終盤からの流れですが、それまでが丁寧な描写だったのにいきなり駆け足で粗くなります。
何だかすっきりしないというか中途半端でしたね。
空の軌跡と違い、目前に二大国家の脅威が迫っているので「めでたしめでたし」で終わるのは難しいとは思います。
しかし、あんな説明不足の紙芝居をちょろっと見せて続編を匂わせるくらいならED直後に皆がどうなったか短くてもいいからたくさんエピソードを見せてくれた方がずっと良かったのに。
前編だった零ならあのアッサリした見せ方でもまだ許せますが正直またかよ!!とうんざりしました。
真犯人の動機や背景も描写不足。あの長い長いダンジョンをもうちょっと削ったらちゃんと入れられたのでは?

<その他>

・前作とタイトルが別
やはり2ndとか2章とかにしたほうが良かったと思います。誰もが続きものだという情報を得て買うわけではないでしょうから。
あるいはちょっと長くなるけど「零の軌跡 2nd 碧の●●」みたいに副題に入れちゃうとか……。
展開的には「碧(青、蒼)」のイメージも大切だと思ったので完全に取っちゃうのは忍びないなあと。
これは「零の軌跡」という一つの物語であったということをしっかりプレイヤーの頭に刻み付けてもらうためにも、タイトルはそのままの方が良かったと思います。

COMMENT

PSP3000使用、イージーモードで一回クリアずみ。

面白かったです。
特に今作は零よりも社会的な枠組みの中で生きることの苦悩や国際レベルでの問題を多く扱っており、ああこういうことってあるよなあと共感したりもどかしい気持ちになったりすることが多くて本当にストーリーにのめりこめました。
それだけに説明不足かつまたまた続編を匂わせるすっきりしない終わり方をしていることが本当に残念。
いや、空の軌跡からの長いつきあいなので続編があることはまあいいとして、見せ方がどうにも納得いきませんでしたね。
「おいおいそこが一番重要なところでしょ!」っていうのをほんとにちらっと見せるだけで終わってますから。
いっそあそこの部分はないほうが良かったなあ。入れるなら入れるで碧の物語をきっちり締めくくってからにしてほしかった。
ユーザーに次の作品に興味を持ってもらうことは大事だけど、あれは力の入れ所が間違ってますよファルコムさん。

空の軌跡からのファンなので結構辛口なことを書いてしまいましたが、非常に世界観のしっかりした良質のRPGであることは間違いないです。
零の軌跡はプレイ必須、できれば空の軌跡FCから全てプレイしてみて下さい。
碧の物語は様々なドラマの重なった上になりたっているのだと良く実感できると思います。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(済)
うみさちさん[2012-04-29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: りん レビュー日: 2014-02-20
空も零も好きで買ったのですが、終章前までは本当に面白かったです。
空の面々がちょい出てきたり、結社絡みの話も出てきたり、極めつけは終章前の急展開。
続きが気になって眠い目をこすりながらやりました。

でもその先にあったエンディングに期待しすぎたのか、待っていたのは酷い脱力感。
これクロスベルを守る立場の若い警察官達のお話ですよね?
警察官ってこの世界でも悪い人を逮捕するのがお仕事ですよね?
黒幕を逮捕しない終わり方って有りなんですかね。全く納得行きません。

前作遊撃士は国家に縛られず、ある程度冒険者のような私的な行動もすることも許されていたので、
主人公たちの行動も理解できていたのですが、今回は前作のように遊撃士を主人公とは敢えてせずに、
クロスベルを守る警官という違う立場での物語を考えた、そこは新鮮で評価すべきだと思います。
零ではぼちぼち職務をこなしていましたし。

でも碧ではキーアの存在で特務支援課が皆私情に走ってしまう。キーアの能力を考慮しても納得いかない点が多いです。
零では「このクロスベルを守りたい」とか言ってた人達が葛藤も無しに国よりもキーアが大事といった行為に
出たのはガクッとしました。何よりもキーアと特務支援課との絆(笑)を1番の見せ場に置いた製作者とそう言うのを
1番期待していた訳じゃなかったプレイヤーとのズレが気になります。

閃はまだやっていませんが、まだまだ軌跡シリーズの核心には触れないんだろうなーと買う気にはなれず。
もう軌跡シリーズ始まって10年経っているんだし、少しずつでいいから核心にも触れて欲しいです。
終結はこっちがゲームやるような歳であるうちにお願いしたいです;
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホックモード時:2?4人) ■ アペンド版:2,100円
■価格:5229
■発売日:2010-10-28

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(メタルギア ソリッド ピースウォーカー)
■ ジャンル:タクティカル・エスピオナージ・オペーレーション ■ プレイ人数:1?6人(アドホックモード:2?6人) ■ ダウンロード版:4,700円
■価格:5229
■発売日:2010-04-29

ファンタシースターポータブル2
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人(アドホックモード、インフラストラクチャーモード対応) ■ ダウンロード版:4,500円
■価格:5040
■発売日:2009-12-03

レビュー投稿フォーム

英雄伝説 碧の軌跡
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「英雄伝説 碧の軌跡」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る