バトルロボット魂

発売元: バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト 発売日: 2013-02-14 価格: 6280(税込) レーティング: 【A】全年齢対象 (CERO について))
タイトル概要

中央値: 80 Amazon点数: 3.1

スコアーボード

バトルロボット魂レビューチャート 標準偏差 0 (難易度) 3.00 mk2レビュー数 1
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
100%
80-89
0%
90-100

ユーザーレビュー

(デフォルトは中央値近順)
181人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt
総合点
80pt

GOOD!

バトルシリーズのスタッフが作ったとだけあり、中身はしっかりとした物となっており、ロボットが操作出来るゲームとしては信用してもらっても平気だと思います。

ガンダムだけではなく、様々な作品のロボットが使えるようになってる今作は、よりロボにより個性的な技などが増え、ガンダム系だからビームにサーベルといった想定できる武器以外のレパートリーも。
ヒーローマンなんかは格闘系の技しかないので、かなりM仕様となっています。
熱い戦いや自分を制限したい方にはお勧めかも。

BGMはスタイリッシュなものが多く、各作品以外の曲で聞いていても格好いいと思える曲が多いです。

使えるロボットもまぁまぁ多く、各作品ごとで見ると・・少ない感は僻めませんが
全体として見れば、まぁ多い方だと思う。
極めるタイプの方にしてみれば、チューニングなども含めるとお腹いっぱいになるでしょう。

ショップなどで売り出されるのはロボット以外にも武器などもあり、武器によっては作品別とか関係なしに装備して使える武器もあるので、自分好みのロボットを操作してる感じになれますね。

ポーズという種類のアイテムがあり、それらを入手すると各ロボットにポーズを取らせる事が出来るようになるのですが、ただポーズを取らせてディスプレイさせるだけでなく、戦闘中は能力アップの補助アイテムとしても活用できるのがナイス。

賛否両論あるとは思いますが、ガングレードネイションズ・・・私は好きですねw

グラフィックはガンバトシリーズとそう変わりません、人によってだと思いますがPSPでこのレベルは高い方だと思います。結構各ロボット細かい部分まで作り込まれていていますよ。

リアルロボットが多い中、イデオンや別メーカーのゲームタイトル、アーマード・コアなどから参戦させるというのもかなり個人的には購入意欲湧きました。

BAD/REQUEST

まずガンバトシリーズでもあり、ロボット魂を売り出すなら、何故作品からガンダムを外したのか。

確かに操作性はガンダムバトルシリーズそのものですが、別にバルキリー入ってるんだし、過去作と差別化みたいにしなくても良かっただろうし、データもガンダム系なら蓄えがあり増やす事も簡単だったはず。
使い回しと言われないためにもユニコーンガンダムなどでも増やせば1ファンの私としては十分満足出来たのですが、、なんかインパクトに欠けますね。

さらにこれは玩具であり本物ではないのでパイロットなどがいない事も、結構寂しいです。
やっぱりこのロボット動かしてる時に、アニメで操縦しているパイロットの掛け声などもあって盛り上がれると、今作でしみじみ感じました。

このダンボール戦機みたいな世界観も嫌いじゃないですけどね、なんか味気ないと言うか、逆に常にプレイヤーを補佐しているナビゲーターの女性の声が萌え女子みたいな声でちょっとうっとおしいです。
これはオプションで声を無くすことも可能。

各作品の主役クラスのロボットが多いので仕方ないかもしれませんが、チューニングを重ねないと、結構最初はロボットが重く感じ、操作していてちょっとストレスを感じます。
改造を施していけば、ちょっと動かすだけで動きすぎ!って位にチューニングの限界値を越せる程進めれば、全然そんなことなくなりますが。

え?この機体はいないの?って言うのがいくつか。。
ロボット魂という商品を知らないので、どれがラインナップされてるのかしりませんが
中には主役クラスでもいなかったり・・・せめてエルガイムからアシュラテンプルとかは欲しかったな。

機体によって再現と言われれば、突っ込めませんが、変形できないバルキリーって・・

ここまでやり込み要素や元々ガンバトシリーズが元になっているのに多人数協力プレイや対戦プレイが出来ないのはどうかと思います。
今作では機体をチェンジさせて戦わせるため、マーブルVSカプコンのようなタッグマッチ的なシステムでそれはそれでおもしろそうだったのですが。

COMMENT

ガンバトシリーズをやってきた方なら、すぐに操作にはなれます。
元がしっかりと出来上がったゲームからの新作ですので、初めての方でも安心して勧められる商品ではあります。

しかしちょっと玩具を題材としているので、どこか夢の共演を妨げているような物も感じせっかくの共演がもったいないとも。

ガンダムやマクロスシリーズでもそうでしたが、最初はどこか物足りなかったけどシリーズを重ねていく毎にサービス精神も出てきて、まさかこんな機体まで使えるなんてと驚かせてくれてきたので、この作品を踏み台にして次作に期待したいです。

次回作ではスーパーロボット系や一度この操作感でサイバスターやグランゾン、他スパロボシリーズのオリジナルロボットも動かしてみたいとも思っていたので、入れてほしいという気持ちもありますね。

ロボット魂にゲッターとかサイバスターとか、いるのかわかりませんが;

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(未)
ハイマニア2013さん[2013-03-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 緑茶太郎 レビュー日: 2013-02-15
フィギュアで戦うアクションゲームという一昔前の少年漫画のような設定を持ったゲーム。
地雷臭はしたものの珍しい参戦作品に惹かれてついつい購入。

前情報を仕入れなかったのでまったく知りませんでしたが取り説を読む限りどうも『ガンダムバトル』シリーズの流れを汲むゲームの模様。
軽くゲームを始めてみると…

単純なゲーム目的に一撃で堕ちて行くザコたち。
そしてニルヴァーシュを使ってると言うのに初期性能だとボードに乗ってもスピードが遅い遅い(笑)

なるほど確かにバトルシリーズだ。
がっつりやるには物足りないが時間つぶしにはもってこいな、このライトな感じのゲーム性とチューン前後でまったく変わる機体性能と言う大味なゲームバランスが堪らないというのが個人的な感想。

ちなみにあくまで『フィギュア』を仮想空間に読み込んで動かしているという設定なので原作キャラもおらず、当然キャラボイスもありません。
乗ってるのはあくまで自分です。

自分をサポートするオペレーションAIはボイス付きで喋るのですが、これがちょっとやかましいのが問題と言えば問題。
あとはシリーズ途中で追加された忌まわしきショップが今回も受け継がれているところもちょっとマイナス。... 続きを読む › br />
前述の通り、高機動機体でもゲームを始めたばかりの頃は安全運転速度なのがなんともいえませんが、チューン前提での初期性能なのでやりこめば解消される問題ですからこれに関しては特に気にはならず。

なお、バトルロボット魂にガンダム系作品は一つも参戦しておりません。
SIDE:MSって一番機体数稼げるやん!と最初は思いましたが、ガンダムを操作するゲームは他にもいっぱいあるのでまあいいかな、と。

あとは超合金ブランドからもイデオン、ザブングル、ACVがゲスト参戦しているのですが個人的にはSDXとかからも参戦して欲しかったかなぁなんて。
■スポンサーリンク

アクセスランキング

モンスターハンターポータブル 2nd G
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1?4人 【廉価版】 ■ 発売日:2008/10/30 ■ 価格:3,140円 大人気「モンハン」シリーズの「2nd」に続く「2ndG」が登場だ。「2nd」をベースに作られた拡張版となっており、最上級クエスト「Gクエ」の実装や、シリーズ初登場となるモンスター、新ステージの導入、データ引き継ぎ機能の強化とファンには嬉しいボリュームアップだ。(転用元:GDEXより)
■価格:4800
■発売日:2008-03-27

モンスターハンターポータブル 3rd
■ ジャンル:ハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック時は最大4人)
■価格:5800
■発売日:2010-12-01

DISSIDIA FINAL FANTASY(ディシディア ファイナルファンタジー)
■ ジャンル:ドラマチック プログレッシブ アクション
■価格:6090
■発売日:2008-12-18

ペルソナ3ポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,040円 ■ データインストール対応
■価格:6279
■発売日:2009-11-01

英雄伝説 零の軌跡
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:5,200円 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2010-09-30

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
■ ジャンル:ハイスピード推理アクション(ADV) ■ プレイ人数:1人 ■ ダウンロード版:4,200円
■価格:5229
■発売日:2010-11-25

Ys SEVEN(イース7)
■ ジャンル:アクションRPG ■ プレイ人数:1人 ■ 限定ドラマCD同梱版:7,980円
■価格:6090
■発売日:2009-09-17

GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホックモード時:2?4人) ■ アペンド版:2,100円
■価格:5229
■発売日:2010-10-28

ファンタシースターポータブル
■ ジャンル:RPG ■ プレイ人数:1?4人
■価格:5040
■発売日:2008-07-31

GOD EATER(ゴッドイーター)
■ ジャンル:チーム連係型ハイスピードハンティングアクション ■ プレイ人数:1人(アドホック対応:2?4人)
■価格:5229
■発売日:2010-02-04

レビュー投稿フォーム

バトルロボット魂
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「バトルロボット魂」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。

上へ戻る