このソフトのレビューを書く

イースIV The Dawn of Ys(イース4 ドーンオブイース) レビュー

イースIV The Dawn of Ys(イース4 ドーンオブイース)
発売元 日本ファルコムオフィシャルサイト
発売日 2011/07/06
価格 800円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ゲームアーカイブス
■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人

スコアボード

イースIV The Dawn of Ys(イース4 ドーンオブイース)評価ランク
中央値
69
難易度
3.00
レビュー数
1

スコアチャート イースIV The Dawn of Ys(イース4 ドーンオブイース)レビューチャート

イースIV The Dawn of Ys(イース4 ドーンオブイース) 購入する


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
100%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
0

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  132人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 5pt 3pt 3pt 4pt 3pt
総合点
69pt

GOOD!

過度期に作られたためシリーズ中最もヴェールに包まれていたPCE版の『イース4』が、800円でプレイできる。これだけで当時を知る人間は必涎モノだろう。流石に多少の古くささは否めないが、今でもそれなりに遊べる。

【UI(ユーザーインターフェース)】
ファルコムのUIが素晴らしいのは、昔も今も同じ(最もこれはハドソンだが)。基本的にコンパクトに纏まっていて、左手だけでレベル上げが出来たり、手軽にサクサク進められるゲームデザインは携帯機にピッタリだ。またCDでそれなりの容量にも関わらずセーブ/ロード/読み込みがほぼ一瞬で終わるのも◎。

【グラフィック】4点
93年と言えば時期的にFF5以降FF6以前なので、そこを踏まえて見てみると。通常画面は当時でも凡庸な感じだが、ビジュアルシーンは凄い。美麗と言うよりは構図やカットの見せ方が巧く、1枚の止め絵であっても角度や表情に拘りがあり、動きが感じられる。一部のアニメは、センスに限って言えば十分今でも通用するレベルだと思う。

【音楽】5点
これは文句のつけようがない。CD生音源であることを抜いても、元の素材がそもそも素晴らしい。『フィールド』『アドルのテーマ93』『セルセタの樹海』など、イースらしいアップエンポでメロディアスな曲は出色の出来映えで、十分歴代に肩を並べられる。私的には『6』よりも良い。『7』は未プレイなのでわからない。声優さん達の演技もとても良い。

【その後を描いたED】
『港々に女あり』『現地妻ハンター』などと一部で悪名(?)高いアドルだが、このPCE版では『その後』について、間接的ではあるが描写されている。賛否両論ではあるものの、この帰結は、個人的には胸がすく想いだった。

BAD/REQUEST

【作業感】
イースシリーズ全般に言えるが、手軽というのは裏を返せば底が浅く、飽きやすい。他シリーズの場合シナリオを短めにすることでこの弱点を巧くカバーしているのだが、このPCE版『4』に至っては初めから『ゼルダ』や『聖剣伝説』規模の大作を狙っていたフシがあり(当時におけるこのグラフィックと音楽の力の入れようは、今で言うテイルズ級のビッグバジェット)、これが裏目に出ている。いくらUIが素晴らしいと言っても基本的にやることは新ダンジョン→ボスで躓く→レベル上げのパターンなので、中盤辺りからどうしても単調感、作業感が出て来る。一応アクションなので腕でレベル差をカバーすることも出来るが(上手ければクリア時間を半減出来る)、それにはボス戦でコンマ一秒単位の見切りが要求される。こうなると殆ど弾幕STGだ。

【シナリオ】
イースシリーズと言えばシナリオの短さを欠点に挙げる人も多いと思うが、この4は逆に長過ぎる。演出のキレでカバーしてはいるが蛇足っぽいところも多い。キャラも無駄に多く、造形がかぶるキャラがざっと五人ほどいるし(レオとガディスなど)、ヒロイン(たち)の影が薄いのは、イースとしてはちょっとナニだ。ネタバレになるが、中盤でどこの馬のホネとも知れない村人を救うために四苦八苦するのだが、何故ここをヒロイン(たち)に代役させなかったのかと疑問に思うほどだった。

【難易度】
現代の感覚から言うと決して易しくはないと思う。システムがコンパクトにまとまっている分、隙をつかれると全快状態から0.5秒で瞬殺される(本当)。苦労してボスを追いつめた時にこれをやられると、中々に心が折られる。特に一部のボスは非常にねちっこい動きをするので。

COMMENT

【総括】
まとめると、昔の硬質なファルコムと今のしなやかなファルコムの中間的な作風と言った感じだが、6や7とはシステムがかなり違うので、ちょっとここでシステムをおさらいしておこう。

イース1、2及びこの4は、敵に体当たりすることで戦闘(攻撃ではない)を行い、ぶつかった時にどちらの攻撃が打ち勝つかはレベル差補正を含めた確率に依存する。当然こちらのレベルが高いほど勝ち易いが、あくまで確率なので一方的に負けることもある。有名な『半キャラずらし』とは、この確率の概念を取っ払って一方的にこちらの攻撃を当てるテクニックのこと。

気をつけなければいけないのは『壁』の概念で、壁に追いつめる(追いつめられる)とある程度までは一方的に攻撃出来るが、壁に接触して立ち止まってしまうとこちらの攻撃判定がなくなり、一気にやられてしまう。ゲーム後半は狭い地形での戦いが多くなるので、その分難しくなる。

あとはちょっとしたテクニックだが、攻撃魔法は溜め撃ちが出来、更に『彫像』でホーミングになる。また『サムソンの靴』は動きが鈍重になる代わりに攻撃力が飛躍するので、カタいザコに有効だったりする。細かい点だが説明書には載っていなかったので。

(原作未プレイ/PSP-3000使用)

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
yuji2553さん [2011/08/11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

イースIV The Dawn of Ys(イース4 ドーンオブイース)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

お知らせ
Switch mk2(Switchのゲームレビューサイト開設しました。皆さまの投稿お待ちしております!)
2017/03/27更新 (2017/03/26投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 ?乙女繚乱☆三国志演義? 魏編

2017/03/11更新 (2017/03/10投稿分まで掲載)
ファイナルファンタジーIX(FF9)

2017/03/01更新 (2017/02/28投稿分まで掲載)
マクロスアルティメットフロンティア

2017/02/27更新 (2017/02/26投稿分まで掲載)
ピポサルアカデミ~ア -どっさり!サルゲ~大全集-

2017/02/20更新 (2017/02/19投稿分まで掲載)
遠隔捜査 -真実への23日間-

2017/02/15更新 (2017/02/14投稿分まで掲載)
ナノダイバー

2017/02/14更新 (2017/02/13投稿分まで掲載)
視て聴いて脳で感じてクロスワード天国

2017/01/22更新 (2017/01/21投稿分まで掲載)
ちっぽけラルフの大冒険

2017/01/18更新 (2017/01/17投稿分まで掲載)
ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印

2016/12/22更新 (2016/12/21投稿分まで掲載)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable

2016/12/03更新 (2016/12/02投稿分まで掲載)
ディスガイア インフィニット

2016/11/25更新 (2016/11/24投稿分まで掲載)
煉獄 The Tower of Purgatory

2016/11/24更新 (2016/11/23投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 ―乙女繚乱☆三国志演義― 呉編

2016/11/16更新 (2016/11/15投稿分まで掲載)
ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産

2016/11/07更新 (2016/11/06投稿分まで掲載)
世界はあたしでまわってる 光と闇のプリンセス

2016/11/06更新 (2016/11/05投稿分まで掲載)
クラシックダンジョンX2
戦国BASARA クロニクルヒーローズ