このソフトのレビューを書く

ToHeart PORTABLE レビュー

ToHeart PORTABLE
発売元 アクアプラス
発売日 2011/10/27
価格 2,940円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:AVG(ビジュアルノベル)
■ プレイ人数:1人

スコアボード

ToHeart PORTABLE評価ランク
中央値
79
難易度
3.00
レビュー数
2

スコアチャート ToHeart PORTABLEレビューチャート


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
50%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
50%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
14.5

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 5pt 5pt 5pt 4pt 3pt
総合点
93pt

GOOD!

この作品が最初に発売されたのはなんと15年も前(PSP版はリメイクされたPS版の移植なので正確には13年前)の事なのですがここ最近のギャルゲーと比べても全く見劣りするような事は無く、逆に雑な作りのゲームが目立つPSPのADVゲームの中においてはかなり面白い部類に入るでしょう。
ストーリーは王道中の王道かもしれませんがそれは非常に良く出来たこの作品がその後の作品群に多大な影響を与えた結果なのです。つまりこのゲームがその「王道」を作ったのです。その為あまりこういった作品をプレイした事のない初心者には勿論、数多くのゲームをこなしてきた玄人にも自信を持ってオススメできます。ぶっちゃけこのゲームをプレイせずに「ギャルゲーオタ」は名乗れないです。
この作品は「ヒロインと付き合うまで」を描いた作品なので一人一人のストーリーは短いですがヒロインの数が多いのでボリュームの無さは全く感じません。また人数が多いのにどのヒロインにも特徴があり「似たような話だな」とは感じません、どのキャラも魅力に溢れていてとても可愛いです。
最近のゲームはだらだらと無駄に話を伸ばす傾向があり途中でウンザリする事も珍しくありませんがこの作品の主人公である藤田浩之は自分がいままでプレイしてきたギャルゲーの主人公の中でも一番好感の持てる主人公と言っても過言では無いほどの人物なので、ヒロインも瞬く間に主人公にメロメロになり主人公もまたその気持ちにちゃんと応えるのでグダグダする事なく物語に集中したままエンディングまで辿り着けます。
ちなみに余談ですが続編の2の主人公はその正反対の性格でありクヨクヨ迷い続けたりヒロインの気持ちに気付きながらも見ない振りをしたりとまさに私が嫌いな人物になってしまっています。
BGM、主題歌に関しても続編でも採用された曲が多い事からもわかるように非常にいい出来です。プレイを阻害する事は全く無く、むしろストーリーへの没入度を高めてくれています。

BAD/REQUEST

BGM、ストーリー、ヒロイン。全てが完璧なこのゲームの唯一にして最大の弱点はなんと言ってもそのキャラクターデザインの古さでしょうか。それがグラフィックスに3点を付けた理由です。しかし自分は全く気になりませんし、むしろ気に入っている部類なのですが描いた本人がキャラデザの古さに悩んだという程なので初心者の方や最近のゲームしかプレイした事の無い方は違和感や戸惑いを感じるかもしれません。ですがプレイしている内に気にならなくなり、むしろ最終的にベタ惚れするはずです。多分。なので絵を見て買うのをやめるという事だけは避けて欲しいです
また快適さに最高点ではなく4点を付けたのは別にロードが遅いとかではなく、本当にほんの一部ですがPS版にあった要素が削られている事、一人だけですが自力攻略が難しいキャラが居るからです。

COMMENT

各項目に5点を付けた場合その理由を具体的に書かなくてはいけないらしいのでまず最初にそちらを書きます。
オリジナリティ→15年前の作品を今の作品と比べてどうこうというのは非常にナンセンスな行為なので当時からみればという基準で付けさせてもらいました。当時この作品は漫画、アニメ、ギャルゲと各方面に多大な影響を与えこのジャンルを確立した作品であると言えると思います。よって5点です
サウンド→goodに書きました。主題歌は何度聞いてもいい曲ですし、BGMも出しゃばる事なく場面とマッチしていてとても良かったです。
熱中度→goodを読めばわかります
満足度→このレベルの作品をこんなお手ごろ価格で楽しめるのは驚きです

プレイしたのはしばらく前ですし、なぜ今頃になってこの作品のレビュー?と思う方も居るかもしれませんが何と無く書きたくなったのです。それにこの作品が埋もれたままというのは非常に勿体無いです。このレビューがキッカケでプレイした、という方が増えれば本望です。
あまり店頭では見かけないですが値段が非常にお手ごろなのでネット通販でも何の問題も無いでしょう。この作品は玄人の方は勿論ですが、特に初心者の方に強くオススメします。ハードがPSPなので好きなタイミングで出来るし、他人の目も気になりません。また入手も容易です。
「神のみぞ知る世界」や「俺の妹がこんなに可愛いわけが無い」などギャルゲーを扱った作品に影響を受けてこのジャンルのゲームに手を出し始めた人は多いと思いますが、そういった方に非常にオススメです。特に「神のみぞ知る世界」はまさに王道モノのストーリーを扱っているので、「神のみ」から入った人は「お、このヒロイン(展開)…神のみで見たぞ」といった体験が出来るかもしれません
それとgoodで続編を多少批判していますが、とても良い出来の作品なのでこちらの作品を気に入られた方はチェックしてみてください。PS3とPSPで発売されていますので2も入手は容易です。特にPS3版をオススメします。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
GLEIFOXさん [2012/03/17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  127人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 3pt 3pt 3pt 3pt
総合点
64pt

GOOD!

・オリジナリティ
移植版のオリジナルがPS1で発売された1999年当時、PCからの移植というと「HシーンやパンチラなどのCGを修正しただけで、結局はレベルが低い」という偏見で見られていた(今でも一部のユーザーは移植を行うメーカーを低く見ている節があるのだが)中で、単なる移植で終わらせず全くの「別物」と言える作品に作り上げた衝撃は、あれから12年経った今も色褪せない。むしろこちらの方が「ToHeart」と言う作品を語る対象になっているのも無理はないだろう(たまにPC版のほうはアンソロジーなどでの「ネタ」にはされたが)。
移植に伴い志保・レミィ・琴音・理緒のシナリオは大幅に改定されたり、本編そっちのけでハマるほど高い完成度を誇るミニゲーム「お嬢様は魔女」「HeartByHeart」「○△□×」(「HeartByHeart」はファンディスク「初音のないしょ!!」に収録されていた物のリメイク版)が追加されたりと、「移植でもここまでできる」ことを証明した作品と言える。
・ストーリー&キャラクター
元々のPC版自体がノベルタイプの恋愛AVGの基礎を作り出し、「雫」「痕」と並びLeafの名声を確立しただけあり(その功績はドラゴンクエストシリーズにおけるロト三部作にも匹敵する)、そのストーリーは秀逸。
物語の中で女の子達の弱い部分もいろいろと垣間見えるが、それを克服したり積極的な勇気を出したりする姿や、主人公がそうした弱さ(努力しても変えることが困難な部分)も含めてありのままの彼女たちを受け入れることにもつながっていくのである。
また、物語を彩るキャラクターも、ヒロイン達だけでなくセバスチャンなど味があり印象に残るキャラが多い(そして物語の数少ない「憎まれ役」である岡田達3人も、それほどプレイヤー側に憎まれていないのは、ある意味この作品における「人間の弱さ」の象徴に思えてならないが)。
人間型メイドロボが普及し始めている世の中なのに、携帯電話が普及していないなど矛盾に感じる部分はあるが、それはPC版のシナリオが書かれた1997年当時の状況が元となっており、また携帯が一般に普及していなかったからこそすれ違い・待ちぼうけ・彼女探しなどのイベントが成立するのも、今となっては興味深い物に感じる(今の時代ではそうしたイベントを書く場合、携帯の電池切れ・家に置き忘れなど意図的に「携帯を使えない」状況にしないと成立しないため)。

BAD/REQUEST

・難易度
多くの方が指摘していることだが、メインヒロインである神岸あかりの攻略は単純に彼女を追っているだけではダメで、智子・レミィ・葵・琴音との「VSイベント」(特定のヒロイン同士の好感度を上げておくと、「どちらを選ぶか」と言うイベントが発生し、選んだ方の好感度が上がる。挙げた4名の場合は「あかりのことをどう思っているか」というものであり、あかりのことを異性として好きだと言う意志を示すことであかりの好感度が大幅に上がる)を2つ以上起こさないと好感度が足りず、エンディングを見る事ができないことは知らない人にとっては「初見殺し」に感じるだろう。
そのことと相成って、あかりは「ときめきメモリアル」の藤崎詩織と違うベクトルで難易度の高い幼馴染キャラ、という認識をもたれるのだが(余談だが「ToHeart2」が最初にPS2で発売された時も、「あかりトラップ」のトラウマを覚えているため柚原このみの攻略に必要以上に慎重になっていたプレイヤーもいた位だ)。
また、来栖川綾香も綾香だけを追っていてはイベントが進行せず、3月終了までに姉である芹香ともできるだけ親密になっておかないとダメという事も、あかりトラップの陰に隠れて目立たないが「初見殺し」ではある。
そうした事を避けるために、できるだけ攻略情報(PS版の攻略本でOK。チャートや好感度の増減が書かれているエンターブレイン版「The Esssnce of ToHeart」がオススメ)を確保してプレイした方がよいだろう。
・その他、細々とした事
PC版「PSEdition」を基にしているためか、「肩もみマルチ」「肩もみセリオ」(前者はマルチクリアで解放、後者は「肩もみマルチ」を通算5回以上プレイしていると解放。「肩もみセリオ」でセリオのCGを見ていると、ミニゲーム「HeartByHeart」「○△□×」でセリオが使用可能になる)が振動機能を活かせずただテキストのみの味も素っ気も無いものになってしまったり(そもそもPS1のデュアルショックを使ったものだから、振動機能のないPCでは再現は無理なのだが)、
アルバムの形式がPS1版と異なるため、背景や立ち絵をアルバムに収録する機能がなく、その為「芹香のイベントで訪れることになるオカルト研究会部室の背景があるシーンをアルバムに収録すると、アルバムで見た時に一定確率で心霊写真になる(しかもスタッフによるボイス付きという凝り様)」」などといった、「遊び」の要素がなくなってしまったのは少し不満に感じてしまった。
こうしたフルコンプを目指してしゃかりきにプレイするだけでは余程のことが無い限り気づかないような、「遊び」の部分にまでこだわっている所がPS1で新生した「ToHeart」の最大の魅力だと思うので、ここの部分は再現して欲しかったと思う。
また、PSEdition発売時からずっと言われ続けてた、志保とツアーオブソーラーシステムに遊びに行くときに、アナウンスのセリフと音声がずれている(2ページ先のセリフで、最初のページで出てくるはずの音声が出るというもの)というミスが改善されていなかったのも気になってしまった。

COMMENT

PSP-3000型使用。フルコンプまでのプレイ時間は約21時間(本編そっちのけでミニゲームにはまっていた4時間程度は除く)。
流石に今プレイすると古臭く感じるかもしれないが、この作品があったからこそ多くの「優秀な後輩」達が産まれた(ある作品は「ToHeart」が語らなかった、「主人公と恋人同士になってからのヒロインのその後」を物語内で書いたり、ある作品は「ToHeart」が行えなかった視覚的演出に力を注いだりした)ことは事実であり、そういう意味では「記念碑的作品」とも言える。
これまで「ToHeart2」のWパックのおまけという扱いで、この作品単品で語れる機会はなかったようなものだが、こうして単品で廉価版という形で発売されたことを機に、今だからこそ約12年前にレビューと言う形で語れなかったことを語るために、プレイしてもよいだろう。無論ギャルゲーの経験の少ない初心者の方にも勧められる。
PSP版から入った方には高尾右京版「ToHeart」全3巻(電撃コミックス)、PCソフト「初音のないしょ!!」(というよりその中の「リーフファイト97」。最低でも「ToHeart」をプレイしておくと楽しめる内容なので)にも触れておくと、「ToHeart」という作品をより楽しめるかと。

最後に、初心者(及び経験者)のための効率良いプレイスタイルの一例を(攻略制限の解除を優先した形なので、自分なりのアレンジもOK)。
1)一周目は芹香攻略(4月10日の昼休みの選択肢で「でもやっぱり、あの子の話が?」を選び、その時のセーブデータを取っておくことを忘れずに。これから3回使うため)
2)取っておいたセーブデータで葵・琴音・マルチを攻略(3人とも4月から出会えるので、最初から進めるよりはこうして途中のセーブデータから始めた方が効率が良い)
3)芹香・葵クリアにより綾香が攻略可能になるため、次は綾香を攻略(前述したように芹香に会うだけでなく、あかりとも会って好感度を稼いでおく(シナリオがらみのイベントを見るために。別に見なくても綾香に挑戦する時の選択肢を間違えない自信があればその部分は省略しても良いが)。その事によりあかりの未読を少しでも読め効率化に繋げられる)
4)次はあかりを攻略(VSイベントは個人的には智子・レミィがオススメ(3月から出てくるので好感度が上げ易く、また智子・レミィの未読を少しでも読めるので)。4月10日の昼休みの選択肢は「そうだ、カツサンドが?」にするとレミィの好感度が上がりレミィのVSイベントは早く起こせる)
5)あかりクリアで理緒が攻略可能になるため、残り4人(志保・智子・レミィ・理緒)の攻略順はご自由に

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
M1号さん [2011/11/12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

ToHeart PORTABLE
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

2017/02/27更新 (2017/02/26投稿分まで掲載)
ピポサルアカデミ~ア -どっさり!サルゲ~大全集-

2017/02/20更新 (2017/02/19投稿分まで掲載)
遠隔捜査 -真実への23日間-

2017/02/15更新 (2017/02/14投稿分まで掲載)
ナノダイバー

2017/02/14更新 (2017/02/13投稿分まで掲載)
視て聴いて脳で感じてクロスワード天国

2017/01/22更新 (2017/01/21投稿分まで掲載)
ちっぽけラルフの大冒険

2017/01/18更新 (2017/01/17投稿分まで掲載)
ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印

2016/12/22更新 (2016/12/21投稿分まで掲載)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A Portable

2016/12/03更新 (2016/12/02投稿分まで掲載)
ディスガイア インフィニット

2016/11/25更新 (2016/11/24投稿分まで掲載)
煉獄 The Tower of Purgatory

2016/11/24更新 (2016/11/23投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 ―乙女繚乱☆三国志演義― 呉編

2016/11/16更新 (2016/11/15投稿分まで掲載)
ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産

2016/11/07更新 (2016/11/06投稿分まで掲載)
世界はあたしでまわってる 光と闇のプリンセス

2016/11/06更新 (2016/11/05投稿分まで掲載)
クラシックダンジョンX2
戦国BASARA クロニクルヒーローズ

2016/10/31更新 (2016/10/30投稿分まで掲載)
ロックマンDASH 鋼の冒険心

2016/09/25更新 (2016/09/24投稿分まで掲載)
ウルトラマン ファイティングエボリューション 0

2016/09/22更新 (2016/09/21投稿分まで掲載)
R-TYPE TACTICS II -Operation BITTER CHOCOLATE-

2016/09/07更新 (2016/09/06投稿分まで掲載)
ファイナルファンタジーVII インターナショナル(FF7)

2016/09/01更新 (2016/08/31投稿分まで掲載)
タクティクスオウガ 運命の輪