このソフトのレビューを書く

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド レビュー

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド
発売元 アークシステムワークスオフィシャルサイト
発売日 2009/09/17
価格 5,040円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象(CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:推理アドベンチャー
■ プレイ人数:1人

スコアボード

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド評価ランク
中央値
65
難易度
1.60
レビュー数
10

スコアチャート 探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンドレビューチャート

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド 購入する


0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
20%
40-49
20%
50-59
20%
60-69
30%
70-79
10%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
60%
【標準偏差】
10.59

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  243人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
72pt

GOOD!

第1?第4作はアーリーコレクションで、第5作以降は発売時期にプレイしている神宮寺ファンとしての感想です。
■第1にストーリー。PS2で発売された第9作以来の長編だったので、アプリ版やDS版に比べ歯ごたえや深みがありました。
陰惨な殺人事件や世間を揺るがす疑獄事件が起こる訳ではないため、物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際の探偵が請負うと思える依頼内容がリアル感を与えてくれました。
安易に殺人事件に頼らなかったライターさんの心意気に拍手を送りたいと思います。結末は意外性がありませんが、神宮寺シリーズらしい人情味の溢れる内容でした。
■第2に音楽。DSやアドバンスと違い生演奏。音源がハイクォリティなので楽曲の良さがダイレクトに伝わりました。サントラ盤も買います。
■第3にキャラクター。特に敵キャラ陣が妖しい魅力を湛えていました。結末があっさりしていたのは次回作への布石でしょうか。だとしたら再対決が楽しみです。
■その他では「笹塚」など新宿付近の地名を人名に借用しているところが初期の作品を彷彿とさせ、ファンとしては思わずニヤリ。そういえば以前の作品で端役だった宝くじ売場のお姉さんも登場しました。
恒例の「謎の事件簿」や「パスワード集め」は適度な難易度とボリュームでした。

BAD/REQUEST

■声優陣がミスマッチ。かつての大塚明夫さんや小杉十郎太さん、折笠富美子さんのほうがマッチしていたと思います。
■悪いというよりも残念だったのは、レギュラー陣の熊さんや小林さんの影が薄く、鑑識の三好さんや風林豪造親分の出番が全くなかったことです。

COMMENT

■20年以上続くシリーズだけに、多少のマンネリ感は否めませんが、それが安心感を与えているとも思えます。それに毎回新たな要素を盛り込み、新鮮味を絶やさないスタッフの取り組み姿勢には敬意を評します。
■寺田克也氏が描かれた当初のキャラクターからは大きく変わってしまいましたが、まぁこれはこれでありかなと。洋子さんの七変化を楽しめるのは伝統芸かも知れません。
■今後はDSなどで手軽にできる短編とPSPなどでじっくり堪能できる長編を交互にリリースしてほしいと思います。クロス探偵物語を中止したからには、神宮寺に全力を注いでくださいね。
※PSP-2000使用、32型液晶ハイビジョンテレビへD4端子で接続してプレイ。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
コロンさん [2010/02/12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  239人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
74pt

GOOD!

・世界観

相変わらず、渋くてハードボイルドな神宮寺の世界観に酔いしれます。グラフィック、特にキャラの絵はクセがありますが、それもまた良い味を出しています。ジャズ調に統一されたBGMも雰囲気を盛り上げてくれます。

・シナリオの展開

小さな事件を発端とし、徐々にスケールが大きくなって最終的には収束する、良い展開のシナリオだと思いました。分岐シナリオを含めるとボリュームもそれなりにあり、なかなかやり応えがあります。

・洋子君が美しい

作品ごとに顔がコロコロ変わる洋子君ですが、しかしなぜだかどの作品も上品な美しさは変わりません。近作もまたお美しい。

・ちゃんとタバコを吸う

任天堂が倫理に厳しい為か、DS版では遠慮しがちだったタバコを、近作では気持ちの良いくらいにパカパカ吸って、適切なヒントを与えてくれます。

BAD/REQUEST

・シナリオが消化不足

物語のキーパーソンであるホステスの素性が謎のままだったり、黒幕の動機が弱かったりと、若干消化不足な感じがします。続編を見越してのことでしょうか。

・選択肢があまり意味を成さない

選択肢の大半が、間違えるとバッドエンドへ直行するタイプのものです。一部、サブシナリオへ分岐する選択肢もありますが、メインシナリオの結末が変化するような選択肢は無く残念です。

・サブキャラがあまり活躍しない

シリーズ通してのサブキャラの出番があまり多くなかったのが残念です。特に、三好さんが登場しなかったのは個人的に悲しい。あと、できれば熊野視点、洋子視点も欲しかった。操作キャラにより、雰囲気が変わるのが好きだったので。

COMMENT

久々に神宮寺ワールドに浸ることができました。ここしばらくはDSで展開されてきた神宮寺シリーズではありますが、DS版はシナリオのボリュームが少なく短編でした。PSPの近作はなかなかのボリュームがあり、一本の作品として満足できる内容だったと思います。次回作も期待します。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
キムラさん [2009/10/26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  225人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 2pt 3pt 1pt
総合点
56pt

GOOD!

まず、作品全体の出来としてDS版三本より遥かにいい出来だと思います。以下その内訳。

・グラフィック、音楽共にDS版を完全に上回っています。(他のADVとの優劣はわかりません)

・シナリオもなかなかよかったと思います。どの依頼も最後には清々しさを感じられます。

・ムービーが結構入ります。

・久々に登場の太田希沙江をはじめ、シリーズファンにはおなじみのキャラが多数出てきます。

・システムも様々な面で向上しています。
 手帳が全シリーズ中最も便利になった。(獲得したパスワードや現在の探偵ポイント、用語集など)
 シーンフローでいつでも好きなシーンに飛べる。
 固有名詞やちょっと難しい用語は画面端に簡単な説明が出る。
 シナリオが分岐する。

BAD/REQUEST

・作画の大幅な変更
 今作最大の特徴だと思います。これは正直好みの問題もあるのでしょうが、あまりにも今までの神宮寺や熊さんのイメージとかけ離れすぎていて最後まで好きになれませんでした。
 単純に絵柄が変わったのではなくキャラの雰囲気まで変わってしまっている感が最後まで気になってしまいました。次回作では元の絵柄に戻して欲しいところです。

・ムービー中の声優の演技がひどい。
 全てのキャラの声が素人くさく聞こえてラストのムービーではシーンの良さが台無しになっているとさえ思いました。他の方も仰っていますが、これならまだボイスなしでやって欲しかったです。

・分岐シナリオが事実上「依頼を受けるか否か」だけになっている
 誤解を招いていそうなこの分岐システムですが、事件や物語の結末がプレイヤーの行動に左右されるわけじゃありません。
 大筋となっている事件を進行させている中で他の依頼をされて、それを受けると大筋をいったん中断させてそちらの依頼を完遂し、また大筋に戻るシステムです。
 正直こんな分岐ならDSみたいに短編ごとに区切ってくれる方が遊びやすくていいと思います。

・事件の規模が小さい
 大筋の事件や分岐で受けることになる依頼など全てが「心温まるいい話」レベルの物語なので緊迫感がないです。
 近年の神宮寺は(アプリ以外)殺人が起きない人情話ばかりやりすぎていると思います。
 もちろんそういった話も好きですが、昔に比べてあまりにも話が小規模すぎて盛り上がりに欠けています。
 今回は久々に殺人が起こりそうだと思っていただけに肩透かしを食らいました。
 新たに登場した敵もこれまでの極悪犯たちにくらべると小物にしか見えませんでした。

・フローチャートを埋めるのが面倒
 これは人によると思いますが、かまいたちの夜シリーズなどに比べても遥かに面倒くさく感じてしまいました。

COMMENT

ゲームとしての出来は最近の神宮寺の中ではかなりのものだと思います。
ただ、絵柄やボイスなど劣化したものが多かったのも事実です。
DS版の本編のような人情話が好きな方は楽しめると思います。
個人的にはせっかく分岐シナリオにするなら人情話とハードな事件を両方入れて欲しかったです。

最後に今作をやって最も思ったことですが、製作会社は公式HPでのふざけたFLASHゲームや明らかに必要なかった絵柄の変更などではなく、もう少し別のところに力を入れて欲しかったです。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
ロッカーさん [2009/10/21 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索










サイト情報

お知らせ
Switch mk2(Switchのゲームレビューサイト開設しました。皆さまの投稿お待ちしております!)
2019/10/15更新 (2019/10/14投稿分まで掲載)
信長の野望・烈風伝 with パワーアップキット

2019/08/31更新 (2019/08/30投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦α

2019/08/24更新 (2019/08/23投稿分まで掲載)
英雄伝説 ガガーブトリロジー 白き魔女

2019/06/13更新 (2019/06/12投稿分まで掲載)
うたわれるもの PORTABLE

2019/05/14更新 (2019/05/13投稿分まで掲載)
FIFA13 ワールドクラスサッカー

2019/04/22更新 (2019/04/21投稿分まで掲載)
ガンダムバトルユニバース
KING'S FIELD

2019/03/14更新 (2019/03/13投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.5

2019/02/27更新 (2019/02/26投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.4

2019/02/22更新 (2019/02/21投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.3

2019/02/07更新 (2019/02/06投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.2
MISSINGPARTS the TANTEI stories Complete

2019/01/28更新 (2019/01/27投稿分まで掲載)
グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ

2019/01/18更新 (2019/01/17投稿分まで掲載)
ナムコミュージアムVOL.1

2018/12/31更新 (2018/12/30投稿分まで掲載)
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

2018/12/27更新 (2018/12/26投稿分まで掲載)
探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド

2018/12/03更新 (2018/12/02投稿分まで掲載)
信長の野望・蒼天録 with パワーアップキット

2018/10/10更新 (2018/10/09投稿分まで掲載)
沙羅曼蛇 ポータブル

2018/10/04更新 (2018/10/03投稿分まで掲載)
リッジレーサーズ2

2018/09/28更新 (2018/09/27投稿分まで掲載)
刻命館

2018/09/12更新 (2018/09/11投稿分まで掲載)
熱血親子

2018/08/01更新 (2018/07/31投稿分まで掲載)
三國志IX with パワーアップキット

2018/07/05更新 (2018/07/04投稿分まで掲載)
輸入版:Test Drive Unlimited

2018/06/12更新 (2018/06/11投稿分まで掲載)
アーミー オブ ツー:The 40th Day ポータブル

2018/06/05更新 (2018/06/04投稿分まで掲載)
流行り神3 警視庁怪異事件ファイル

2018/04/25更新 (2018/04/20投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦F 完結編

2018/03/26更新 (2018/03/25投稿分まで掲載)
戦国無双3 Z Special

2018/03/22更新 (2018/03/21投稿分まで掲載)
真・恋姫†夢想 -乙女繚乱☆三国志演義- 蜀編

2018/02/13更新 (2018/02/12投稿分まで掲載)
スーパーロボット大戦F

2018/02/01更新 (2018/01/31投稿分まで掲載)
パワースマッシュ NEW GENERATION

2018/01/19更新 (2018/01/18投稿分まで掲載)
サモンナイト5

2018/01/10更新 (2018/01/09投稿分まで掲載)
みんなのGOLF ポータブル2

2017/12/26更新 (2017/12/25投稿分まで掲載)
みちのく秘湯恋物語 kai

2017/12/20更新 (2017/12/19投稿分まで掲載)
街 ~運命の交差点~ 特別篇

2017/12/17更新 (2017/12/16投稿分まで掲載)
グランツーリスモ

2017/11/05更新 (2017/11/04投稿分まで掲載)
ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」

2017/10/25更新 (2017/10/24投稿分まで掲載)
沙羅曼蛇

2017/10/21更新 (2017/10/20投稿分まで掲載)
輸入版:Alien Syndrome

2017/09/18更新 (2017/09/17投稿分まで掲載)
セプテントリオン

2017/08/22更新 (2017/08/21投稿分まで掲載)
ECHO NIGHT